メニュー

エンタープライズ データ管理にネットアップのONTAPを選ぶ理由

NetApp® ONTAP®データ管理ソフトウェアなら、新たなビジネス上の課題にすばやく対応し、日常業務を簡易化して、チームを喜ばすことができます。ONTAPがあれば、オンプレミスでもクラウドでも、あらゆるデータ管理のニーズに対応できます。

データ管理のトップ画像

今日の企業は、新たな課題や営業機会にすばやく対応するよう求められています。組織をサポートするために、IT部門は3つの重要な優先事項を同時に実現しなければなりません。1)今日のビジネスクリティカルなアプリケーションを確実にサポートすること、2)データの成長とクラウド戦略の進化に伴う将来の幅広い要件を予測し、それに備えること、3)ハイブリッドクラウド上のあらゆる場所でデータをシームレスに移動、管理、保護すること。

そして一般的にはIT予算を追加することなく、これらすべてを実行しなければなりません。

ONTAP:シームレスなハイブリッド クラウドの基盤

NetApp®ONTAP®エンタープライズ データ管理ソフトウェアほど、ハイブリッド クラウド ストレージ環境向けの堅牢な基盤を構築できる業界は他にありません。ネットアップの最新バージョンのONTAPは、かつてないレベルのシンプルさ、柔軟性、セキュリティを組み合わせた強力なデータ管理機能、実証済みのストレージ効率化機能、業界をリードするクラウド統合機能を備えているため、企業内を移動するすべてのデータをシームレスに管理できます。

また、ハードウェア ストレージ システム、Software-Defined Storage(SDS)、クラウドなど、導入したアーキテクチャでストレージを柔軟に運用でき、同時にすべてのアーキテクチャにまたがって統合されたエンタープライズ データ管理が可能です。フラッシュを使用すれば、業務に必要な重要なデータ サービスに影響を与えることなく、エンタープライズ アプリケーションを高速化できます。データを随時必要な場所に移動させながら、シームレスに管理できるので、組織にとって最適な決断を下すことができます。

ONTAPを採用すれば、フラッシュ、ディスク、クラウドを横断して、スマート、パワフル、信頼性が高く、お客様の将来的な要件にも対応できる環境を構築しやすくなります。

スマート:運用の簡易化とコストの削減

データ管理の合理化

新しいワークロードを追加する場合でも、既存の環境を管理する場合でも、プロセスを簡易化して担当者の生産性と即応性を最大限に引き出すことが重要です。ONTAPには導入先のアーキテクチャを問わず利用できる共通の機能セットが搭載されています。この機能セットによって業務が簡易化されるため、ITチームは戦略的に優先順位の高い業務に注力できます。また、フラッシュ、ディスク、クラウドにまたがってSAN、NAS、オブジェクト ワークロードが稼働するハイブリッド クラウド全体でデータ管理を統合できます。単一のストレージ クラスタ内でも、ストレージ クラスタ間でも、あるいはクラウドでも、最も使いやすい場所にデータを容易に移動できます。ONTAPは、ストレージ環境全体に柔軟性、選択肢、管理機能をもたらす、データ ファブリックの基盤です。

10分未満でワークロードを導入

組み込まれたアプリケーション ワークフローを利用すれば、主なワークロードのためのストレージを、電源を入れてからデータ提供まで10分未満の速さで確実にプロビジョニングできます。ワークロードには、Oracle、SAP、SQL Server、仮想デスクトップ、仮想サーバなどが含まれます。System Managerウィザードと出荷時の構成には、ネットアップがこれまでに培ってきた経験とベストプラクティスが反映されています。そのため、いくつかの質問に答えるだけで、新しい構成をすばやくセットアップできます。

実証済みのStorage Efficiencyを活用

ONTAPを導入すれば、包括的な業界トップレベルのStorage Efficiency機能を取り揃えることができます。インライン データ圧縮、重複排除、コンパクションが連係して機能することで、ストレージ コストが削減され、保存できるデータの量が最大化されます。さらに、スペース効率に優れたNetApp® SnapshotTMコピー、シンプロビジョニング、レプリケーション、クローニングといったテクノロジにより、いっそう多くのコストを削減できます。

自動でクラウドへ階層化

パフォーマンス階層からプライベート クラウドやパブリック クラウドへコールド データを自動的に階層化することで、アプリケーションのパフォーマンスを向上させてストレージ コストを削減します。FabricPoolは、既存のNetApp® AFFオールフラッシュ システムNetApp® FAS インフラ上のスペースを解放し、より多くのワークロードを統合できるようにします。オールフラッシュの新規購入に関しては、より小規模なAFF初期構成での購入が可能になります。

投資を最大限に保護

ONTAPではさまざまなファミリー(AFF、FAS)やさまざまな世代のストレージ コントローラが混在するクラスタを柔軟に構成して、拡張性に優れた統合ストレージ環境を構築できます。最新のハードウェアでシステムを拡張しながら、古いハードウェアも使い続け、そうしたすべてのシステムをクラウドに接続できます。ストレージ システムを撤去する場合は、データを既存のディスク シェルフに格納したまま、コントローラをアップグレードすればそれで完了です。

管理機能の強化と簡易化

ネットアップのエンタープライズ データ管理 ソフトウェアは、ハイブリッド クラウドを管理する製品として設計されています。容量利用率、パフォーマンス、可用性、データ保護に関する指標を確認することで、環境の健全性を一元的に監視できます。ストレージ プロセスを自動化し、それらのプロセスをデータセンター オーケストレーション プラットフォームに統合して、プライベート クラウドとハイブリッド クラウドでエンドツーエンドのサービスを提供するのにも役立ちます。

さらにデジタル アドバイザのNetApp® Active IQ®が、AIOpsを活用してネットアップ環境に対するプロアクティブなサポートと最適化を自動で実行するので、手動で行う手間が省けます。継続的なリスク評価、予測に基づくアラート、定型化されたガイダンス、自動化された対応方法により、問題を未然に防 止し、システムの健全性と可用性の向上、そしてセキュリティの強化につなげます。

prose-ontap-data-management-1.jpg

パワフル:変化するビジネス要件に柔軟に対応

クリティカルなアプリケーションに対応するには、高いパフォーマンスと可用性を実現できるストレージ環境が必要です。それと同時に、ビジネスの変化に応じて拡張、適応できる汎用性も必要です。ONTAPは、フラッシュのパフォーマンスを活用して拡張性に優れたノンストップ オペレーションを可能にし、こうしたすべての要件を満たします。

フラッシュの最適化

ONTAP は、エンタープライズ アプリケーションに必要とされる高スループット、低レイテンシを実現しながら、包括的なデータ サービスを提供します。ONTAP は、NVMeソリッド ステート ドライブ(SSD)やNVMe over Fabricsを備えたAFFシステムなどのフラッシュ向けに最適化されています。最新バージョンのONTAPを搭載したAFFシステムでは、同じワークロードについて以前のONTAPリリースと比べてスループットが最大で2倍になり、1ミリ秒未満のレイテンシも維持されます。

NetApp FASシステムでONTAPを稼働すると、ホット リード データがフラッシュに自動的にキャッシングされることで、HDDストレージ システムのパフォーマンスが向上します。このため、多くのワークロードにとって適切なパフォーマンス、容量、コストのバランスが実現します。

一貫したパフォーマンスを提供

高い顧客満足度を維持するため、アダプティブQoS(サービス品質)では、ストレージ リソース レベルをワークロードの変化(テラバイト規模のデータ容量の変動、ワークロードの優先順位など)に合わせて自動的に調整することで、一貫したパフォーマンスの提供に役立てています。アダプティブQoSによって、ワークロードを規定のスループット ターゲット範囲内に収めるためのポリシーを簡単に実装できます。

シームレスな拡張性で変化するビジネスの世界をリード

小規模構成からスタートし、ビジネスの成長に合わせて大容量のSSDやHDDを追加してストレージ環境を拡張できます。ONTAP搭載のストレージ システムは、数テラバイトから176ペタバイトまでのSAN、NAS、オブジェクト ワークロードを処理できます。既存のストレージ コントローラに容量を追加して拡張することも、コントローラを追加してクラスタを最大24ノードまでシームレスに拡張してスケールアウトすることもできます。

さらに、ONTAPは管理の容易な大容量のNASデータ コンテナもサポートしています。NetApp ONTAP FlexGroupを使用すると、一貫した高パフォーマンスと耐障害性を実現しながら、グローバル ネームスペースを20PBまで拡張でき、ファイルを4,000億個まで保存できます。

データインフラの将来を保証

ONTAPでは、次のような幅広いアーキテクチャに対応してストレージ環境の設計や導入を行えるため、変化を続けるビジネス ニーズに最適なアプローチを採用できます。

  • ネットアップのハードウェア システム上:AFFオールフラッシュ システムで厳しいパフォーマンス要件に対応する低レイテンシを確保、FASシステムでパフォーマンスと容量の最適なバランスを確保
  • 統合インフラ内:ネットアップとCiscoによる FlexPod® 統合インフラ ソリューション
  • 汎用サーバ上のSoftware-Defined Storageとして:NetApp® ONTAP® Select
  • クラウド内: NetApp® Cloud Volumes ONTAP®

アーキテクチャ間でデータをシームレスに移動し、パフォーマンス、容量、コスト効率の面で最も適した環境に配置できます。

Reach発言ロゴ画像

AWS Marketplaceで購入したNetApp Cloud Volumes ONTAPを使用してテストしたところ、ほぼ瞬時のリカバリが可能になり、データ損失をわずか10分未満に抑えることができました

Peter Raettig氏, テクニカル オペレーション担当責任者, Reach PLC

Reach発言画像

COBR発言ロゴ画像

現在では ' 手頃な価格で TCO(総所有コスト)を削減しながら、環境に適した規模の階層型ソリューションを導入しています。

ジェイ・エフェルソン氏, 情報科学プロジェクトマネージャ, バトン ルージュ市

COBR発言画像

CAロゴ画像

実店舗とオンラインの距離はますます縮まっています。ネットアップなら、オンプレミスとクラウド サービスを必要性に応じて活用し、ビジネス プロジェクトのニーズを効率的にすばやく満たせます。

Bernd Jürgens氏, Itオペレーション ユニット リード, C&A Services

CA発言画像

信頼:ハイブリッド クラウド全体にわたってデータを保護し、セキュリティを確保します

統合データ プロテクションとノンストップ オペレーション

ONTAPは、ネットアップの統合データ プロテクション(IDP)テクノロジを提供してストレージ運用を安全かつスムーズに維持します。

ローカルのバックアップとほぼ瞬時のリカバリのニーズを満たすのは、スペース効率に優れたSnapshotコピーです。リモートのバックアップ / リカバリとディザスタ リカバリは、 NetApp® SnapMirror®の非同期レプリケーションによって実現できます。またパブリック クラウドやプライベート クラウドにあるクラウド オブジェクト ストレージへのデータ レプリケーションにはSnapMirror Cloudを利用できます。データ損失ゼロの保護(RPO=0)に取り組む場合は、SnapMirrorの同期レプリケーションを活用できます。

継続的なデータ可用性が求められるクリティカルなアプリケーションには、NetApp® MetroClusterTMテクノロジとSnapMirrorビジネス継続性テクノロジによってサイト間でデータの同期ミラーリングを行います。ストレージ アレイは、単一のサイト、メトロエリア全体、複数の都市に導入することができます。MetroClusterは、強固なアレイベースのSAN / NASワークロード向けインフラです。SnapMirrorビジネス継続性が実現する柔軟性により、複数のワークロードを統合して、データセンターの災害が発生した場合に継続的な可用性でサポートする最も重要なSANアプリケーションをきめ細かく選択できます。

ONTAPを導入すれば、通常の営業時間内であっても、業務を中断することなくインフラの保守と更新を実施できます。アプリケーションのライフサイクル全体でダウンタイムを発生させることなく、ストレージ リソースの割り当て、アップグレード、撤去を動的に実施できます。アプリケーションを中断せずにコントローラ間でデータを移動できるので、スピード、レイテンシ、容量、コストがバランスよく組み合わされたノードからデータを取得できます。

強固なセキュリティ

ONTAPの業界をリードするセキュリティ機能のポートフォリオは、ハイブリッド クラウド全体でデータ セキュリティを統合し、不正なデータ アクセスやランサムウェアによる攻撃を回避するのに役立ちます。ONTAPに組み込まれたNetApp Volume Encryption機能により、AFF / FASシステム上のあらゆるボリュームを暗号化できるため、保存データを簡単かつ効率的に保護することができます。暗号化ディスクを別途用意する必要はありません。バックアップとレプリケーションに対応した転送中の暗号化により、転送するデータも保護できます。さらに、多要素認証、ロールベース アクセス制御(RBAC)、オンボードと外付けのキー管理機能によって、データのセキュリティが強化されます。

セキュアに統合

パフォーマンスや容量、セキュリティの要件が異なるワークロードやテナントに同じ統合インフラを使用できるため、時間とコストを削減できます。ONTAPを使用すれば、あるテナント パーティションのアクティビティが別のテナントに影響を与えることはありません。マルチテナンシーでは、1つのストレージ クラスタを複数のセキュアなパーティションに分割し、権限と許可に応じて管理できます。

厳格なコンプライアンス

コンプライアンスとデータ保持の厳しいポリシーを遵守するため、NetApp® SnapLock® ソフトウェアを使用して、Write Once, Read Many(WORM)によってONTAP環境のデータを保護できます。ネットアップは、エンタープライズレベルのバックアップ ベンダーや、業界先進のアプリケーションとの緊密な統合にも力を入れています。さらに、ネットアップのセキュア削除テクノロジによる暗号化シュレッディングは、システムの使用中であってもデータ流出のオンライン修復を可能にするだけでなく、GDPR(一般データ保護規則)の最新の「データ削除権」にも対応します。

Cloud Volumes ONTAP

NetApp® Cloud Volumes ONTAP®は、AWS、Microsoft Azure、Google Cloudで利用できるネットアップのクラウドベースのサービスで、データ保護、セキュリティ、コンプライアンスを強化しながら、クラウド ストレージのコストを最適化し、アプリケーションのパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

ONTAP Select

NetApp ONTAP Selectを使用すると、強力なエンタープライズ ストレージ サービスを任意のコモディティ ハードウェアに導入し、自社のデータセンターで運用することが可能になります。クラウドのメリットに加え、オンプレミス ストレージの柔軟性、耐障害性、ローカリティを組み合わせています。

NetApp ONTAP AI

NVIDIAとNetAppによるNetApp® ONTAP® AIは、AIとディープラーニング(DL)の可能性を最大限に引き出します。データ ファブリックを実現することでエッジ、コア、クラウドにわたるデータの流れを確実に合理化し、テストと推論作成に必要な時間を短縮できます。

データ管理の画像 - 青色の背景

ぜひONTAPへの移行をご検討ください。

コストを削減し、重要なワークロードを高速化し、ハイブリッドクラウド全体にわたってデータを保護し、セキュリティを確保するスマートでパワフルな信頼性に優れたストレージインフラを構築するには、ONTAPが最適です。ONTAPが世界をリードするエンタープライズデータ管理ソフトウェアである理由をご紹介します。

続けてお読みください