メニュー

非構造化データを任意のプライベート クラウドやパブリック クラウドに統合しましょう。

ネットアップのインテリジェントなGlobal File Cacheを利用して、テレワークに対応したリアルタイムのグローバルなファイル共有を実現します。

ROIを計算 ビデオを見る
peach cubes on peach background

NetApp Global File Cacheを選ぶ理由

クラウドを活用してデータを統合し、コストを削減

ネットアップの実績のあるインテリジェントなGlobal File Cacheを分散エンタープライズ環境で使用すると、サイロ化した複数のファイルサーバをパブリック クラウド上の安全な統合グローバル ストレージに集約できます。これにより、IT管理が全体的に合理化され、コストが大幅に削減されます。また、ビジネスの生産性が世界規模で向上します。

ブランチ オフィスのサーバとストレージ資産を統合して一元管理

Global File Cacheは、Microsoft Windows Serverインスタンスに透過的に導入されます。これにより、企業ではローカル ストレージを統合し、Microsoft Active Directory、DNS / DHCP、DNS、DFS名前空間、Microsoft Endpoint Configuration Managerの配布などのサービスをユニファイドITインフラに組み込むことができます。その結果、ITの複雑さが軽減され、コストを大幅に削減できます。

ROIを計算
ラボの職員たち

主なユースケース

Global File Cacheでは、「アクセス頻度の高いデータ」のセットをキャッシュするソフトウェア ファブリックを分散オフィスに作成して、世界規模で透過的なデータ アクセスを保証し、最適なパフォーマンスを確保します。
分散型ファイルサーバの統合

すべてのユーザ向けの単一のエンタープライズ データ フットプリントとしてクラウドを活用してデータ管理を簡易化し、ビジネス継続性を向上します。

グローバルなVDI環境

各地域のVDIファームを利用してユーザの高い生産性を確保し、ユーザに近い場所にデータを配置します。レプリケーションや同期のオーバーヘッドは発生しません。

大規模なファイル コラボレーション

仮想チームを活用し、チームとコラボレーション ワークフローの生産性を向上させるためのユーザ向けのグローバルな「単一のデータセット」を作成します。

メリット

Global File Cache は、「アクティブなデータ」セットを分散オフィスにグローバルにキャッシュすることで、データへの高速かつセキュアなアクセスを実現するソフトウェアベースのソリューションです。場所時間を問わず、データは一貫性が保たれ、パフォーマンスが保証されます。

統合と一元管理

データをパブリック クラウドに統合して一元管理します。また、エンタープライズクラスのストレージ ソリューションの拡張性とパフォーマンスを活用できます。

青色の背景に表示される青色のブロック

運用を効率化

ユーザ向けのグローバルな単一のデータセットを作成し、インテリジェントなファイル キャッシュを活用して、グローバルなデータ アクセス、コラボレーション、パフォーマンスを強化します。

ピーチ色の背景にピーチ色の立方体と四角形

優れたコスト効率

自律型 / 自己管理型キャッシュを活用して、全データのコピーとバックアップの必要性を排除します。アクセス頻度の高いデータにはローカル ファイル キャッシュを使用して、ストレージ コストを削減します。

緑色の背景に緑色の厚板

透過的なアクセス

リアルタイムの集中ファイル ロック機能によって、グローバル ネームスペースを通じたブランチ ロケーションからの透過的なアクセスを活用できます。

青色の背景に表示される青色の円

機能

いつでも、どこからでもリモート ワーカーのデータへのセキュアで高速なアクセスを実現します。

ピーチ色の背景にピーチの幾何学的な図形

あらゆるクラウド プラットフォームに対応

Global File CacheをCloud Volumes ONTAP、Cloud Volumes Service、Azure NetApp Filesとともに任意の主要なハイパースケーラ プラットフォーム(Azure、AWS、GCP)に導入し、クラウド統合プロジェクトを始動できます。

エンドツーエンドのセキュリティ

Microsoft Active Directoryとシームレスに統合されます。また、ACLおよびNTFS権限を保存中 / 転送中のデータ暗号化とともに使用してデータ アクセスを制御できます。

コストの削減

分散した複数の拠点にある既存のハードウェアやVMインフラを活用し、世界中に分散するユーザにファイルサービスを提供します。

シンプルな運用

エッジ環境では自律型 / 自己管理型キャッシュによるゼロタッチの管理、コア環境のパブリック クラウドでは一元的な統合型ストレージ環境を実現します。

透過的な統合

リアルタイムでのデータへのアクセスとコラボレーションにより、ユーザは世界中のどこにいても、帯域幅、レイテンシ、距離を気にせず、同じオフィスにいるかのように作業できます。

ハイ パフォーマンス

アクセス頻度の高いデータがオフィスでローカルにキャッシュされ、圧縮、ストリーミング、差分の処理にWAN経由の効率的なデータ転送が行われるため、データ アクセスが高速化されます。

現場からはすばらしいフィードバックをもらっています。ユーザの皆様からはLANを利用しているようだというコメントが寄せられています。これはまさに私たちが目指していたものです。

Robert Bird Group

グレーの建物の側面

これまで他社の同様のソリューションを見てきましたが、価格と同等のパフォーマンスの点でNetApp Global File Cacheに及ぶものはありませんでした。

Metromont

作業する建設作業員

NetApp Global File Cacheは対費用効果が高く、情報がローカルのファイルサーバに置かれているかのように感じられました。

GEI Consultants

機械を見ている男性

NetApp Global File Cacheソフトウェアを使ってデータをまとめることで、ユーザはどこにいても大規模なプロジェクト ファイルを同時に使うことができます。また、ディザスタ リカバリの際には、きわめて短時間で業務に戻ることができます。

CAPITA

会議室の同僚たちが一緒に笑っている

対応プラットフォーム

Global File Cacheは、あらゆるハイパースケーラの全タイプのCloud Volumesでサポートされています。
AWSのロゴの画像

AWSをお使いのお客様

Global File Cacheは、Cloud Volumes ONTAPおよびCloud Volumes Serviceとともにご利用いただけます。

CVO for AWSクイック スタート
Microsoft Azureのロゴ画像

Azureをお使いのお客様

Global File Cacheは、Cloud Volumes ONTAPおよびAzure NetApp Filesとともにご利用いただけます。

CVO for Azureクイック スタート
Google Cloudのロゴ

Google Cloudをお使いのお客様

Global File Cacheは、Cloud Volumes ONTAPおよびCloud Volumes Serviceとともにご利用いただけます。

CVO for Google Cloudクイック スタート
NetAppのロゴ

NetApp ONTAPシステムのお客様

Global File Cacheは、オンプレミスのNetApp ONTAPシステムで使用できます。 

開発が可能
bouncing peach circles on peach background

ネットアップのクラウド サービス

すべての代表的なクラウドで一貫して利用できるエンタープライズ データ サービスにより、クラウドの革新的なメリットをビジネスに活用できます。

詳細はこちら