メニュー

最適化:データ ファブリックが喉を鳴らす様を見てください

イノベーションは低速車線を走りません。そして予算が無限にあるわけではありません。最適化はイノベーションの副操縦士です。イノベーションは、細部で行き詰まることを回避し、支出が管理され、開発が猛スピードで前進することを実現します。

最適化する理由

コストを削減し、オンプレミス ストレージやクラウド ストレージの管理にかかる時間を短縮し、アプリケーションのパフォーマンスを向上させることができたら、素晴らしいですよね。日常業務を合理化して時間を節約するのも同様ですね。イノベーションを阻害することなく、ハイブリッド クラウド ストレージのコストを専門的に抑えて、支出を予算どおり(または以下!)に抑えられれば、助かるでしょう。

少ない投資で、より大きな成果を実現。これが、最適化の究極の目標です。そして、自動化された統合データ ファブリックを使用すると、ストレージ ネットワークの運用、クラウド リソース、基盤となるデータを一層効率化する機会を見つけることが容易になります。火炎放射器と強力な磁石を使って干し草の中から針を探すよりも簡単です。

合理化パーティへようこそ

運用を最適化することで、日常業務をより迅速かつ効率的に行うための豊富な機会が生まれます。インフラに一貫した標準的な構成セットを確実に適用することで、IT、DevOps、セキュリティ、ビジネス運用など、さまざまなグループが プロセスを合理化できるよう、データが統合されます。1ミリ秒の差で成否が分かれる世界では、ネットアップによって最適化されたデータ ファブリックによって、簡単に市場をリードできるようになります。

白い正方形のプレートが上下逆に重ねられている

悪い癖のような過剰支出は止めましょう

制御機能が組み込まれていない迅速なイノベーションは、クラウドの過剰消費の問題に容易につながる可能性があります。データの設置場所を注意深く監視していないときも、同じ危険があります。ネットアップのクラウド監視ツールを使用すると、支出状況を把握して、継続的な調整を行うことができます。また、ネットアップの自動化ツールと統合プラットフォームを使用すると、ストレージ階層とインスタンス タイプをすばやく切り替えることができ、利用率、パフォーマンス、コストを整合的で予測可能なものにします。

オフィスに座ってチャットしている人の群れ

開発が効率的であることは良いことです

10年前と比較して、企業のリリースの頻度は、1年に1つや2つから1日に数千回に変わりました。驚くほど大量の作業が行われるため、DevOpsチームは、優れたユーザ エクスペリエンスを伴うアプリケーションや機能を確実に提供することが困難になります。ネットアップの最適化ツールを使用すれば、開発者は製品のリリースや更新の質を高めながら、製品化サイクルを短縮できます。

ドーナツ穴の内側の白いボール

DevOps最適化とのバランス

ご存知のように、クラウドには長所と短所があります。一方、クラウドは、インフラの手動プロビジョニングによる遅延や複雑さに煩わされることなく、ビジネス要件に対応できる優れたツールです。クラウドを使用すると自己プロビジョニングが容易になり、多くの企業がこの柔軟性を活用して市場投入までの時間を短縮していることと思います。

一方、そうした自己プロビジョニングは、予算管理とセキュリティ要件に大きな打撃を与える可能性があります。一定の管理をしなければ、何でもありで、お客様が最後にツケを払わされるIT「西部劇」に陥りかねません。

同時に、ご存知のように、強すぎる管理はイノベーションを阻害します。放任と厳格で一元的な管理の間でバランスを取る必要があります。最適化は、このバランスを見つけるうえで重要な役割を果たします。お客様の仕事は、組織のクラウドのユースケースを発見し、サポートすることです。ワークフロー、テンプレート、サービス カタログなどの承認済みリソースを提供することで、ユーザは必要なスピードと柔軟性を得つつ、お客様は支出を管理するためのフレームワークを手に入れることができます。

データ ファブリックによって、両者の長所を活用できます。ワークロードとデータを最適化して、運用を劇的に高速化しながら、CFOを大いに満足させることができます。

注目のユーザ事例

マドリッドに拠点を置くマルチエネルギー企業Repsolは、ネットアップとAzure NetApp Filesの協力を得て、ビジネス上の意思決定を高速化し、モデリングを改善し、2050年までにネット ゼロ排出量を達成するとの目標へ向けて進展を得るため、データ ファブリックを最適化しました。

Repsolのロゴ

Azure NetApp Filesの使用によって、パフォーマンスが驚異的に向上しています。1か月以上かかったシミュレーションは、現在は数時間で済んでいます。

Guillermo Fernndez lvarez | IT・デジタル化ディレクター, Repsolでの探査と生産

風力発電

製品の最適化

「効率が高すぎる」データ ファブリックなどありません。業界をリードするネットアップの製品では、インフラ全体で最適化の効果を簡単に得られるため、お客様の時間やコストを節約し、そして貴重なリソースが消えてなくなることが心配で眠れない夜を回避できます。

クラウド階層化サービス:節約の時間

NetApp® Cloud Tiering Serviceは、ONTAP SSDストレージとご希望の低コストのオブジェクト ストレージを組み合わせることで、オンプレミスのONTAPストレージをクラウドに拡張します。クラウド階層化では、使用方法に基づいてデータが適切な階層に適切なタイミングでシームレスに配置されるため、管理性やパフォーマンスを犠牲にすることなくストレージ プールを効率的に管理できます。

アパートメントの窓

Spot Elastigroup:節約の力を誇示

Ai主導のスポットインスタンスの中断や高度なワークロードのリバランシングといった予測により、Spot Elastigroup by NetApp®は、本番環境やミッション クリティカルなワークロードであっても、AWS、Azure、GCPのコストを大幅に削減できます。可用性の保証を得ながら、オーバーヘッド ゼロでクラウド コストを最大90%削減できます。本当に力強い仕事です。

ピンク色の波状のテープ

ONTAP:オンプレミスでの規格外の効率性

NetApp® ONTAP®データ管理ソフトウェアなら、業界をリードする包括的なストレージ効率性機能のポートフォリオを手に入れることができます。インライン データ圧縮、重複排除、コンパクションが連係して機能することで、ストレージ コストが削減され、保存できるデータの量が最大化されます。さらに、スペース効率に優れたNetApp Snapshot™コピー、シンプロビジョニング、レプリケーション、クローニングといったテクノロジにより、いっそう多くのコストを削減できます。

茶色の大きなボールとオレンジと白の小さなボール

Spot by NetApp

インフラ全体にわたって継続的な最適化を実現するクラウド自動化製品のポートフォリオです。

NetApp Cloud Manager

ハイブリッド クラウド全体にわたってデータを管理、監視、自動化するための一元的なコントロール プレーンです。

Azure NetApp Files

卓越した柔軟性により、ワークロードの要件と予算に合わせてパフォーマンス階層を選択できます。

NetApp Cloud Insights

効果的なリソース管理により、エンジニアと管理者は日常的なワークフローの一部として、無駄を積極的に減らし、利用率を最大限に高めることができます。

関連資料

最適化について他に知っておくべきことは何ですか?たくさんあります。ブログの投稿やユーザ事例からホワイトペーパーやチェックリストまで、ネットアップの目標は、お客様が最適化のエキスパートになり、その知識を活用して組織全体のイノベーションを促進する後押しを行うことです。

会議室で話している人々
オレンジ色の跳ねるボール

独自のデータ ファブリックを構築しましょう

ネットアップは、お客様がデータ ファブリックを構築できるよう支援しています。現状や今後について詳しく知るのが待ち遠しいです。安心してください。お客様の目標を達成できるよう、最適なデータ ファブリックを構築します。

チャットでのお問い合わせ

人間の担当者とビデオ通話以外の方法で話をされたい場合は、下のリンクを押すと、担当者とチャットで会話することができます。Webカメラは必要ありません。

メールでのお問い合わせ

お困りのことがありましたら、お気軽にご連絡ください。下のリンクをクリックすると、お問い合わせの内容を記入できます。内容を確認次第、お返事いたします。

パートナーを検索

ネットアップの広範なパートナー エコシステムがさまざまな購入オプションを提供しています。ニーズにぴったりなパートナーを見つけてください。

柱を形成する丸棒および四角棒

イノベーションのレシピ

適切に整理されたデータにより、カスタマー エクスペリエンスを継続的に向上させることができます。秘訣は何でしょうか?それは、以下の6つの機能で構成される堅牢なデータ ファブリックです。ネットアップとのパートナーシップを通じて、エッジからコア、クラウドまで、あらゆる問題を抑制、統合し、またサイロ化を解消し、整理できます。

円状に置かれたディスク

可視化

ストレージからデータに至るまで、システム全体の可用性、パフォーマンス、使用状況を可視化します。

緑の棒状の振り子

統合

データ ファブリックをシームレスに統合して、場所や時間に関係なくデータに簡単かつ一貫してアクセスできるようにします。

オレンジの波状の柱

自動化

手動タスクの数を減らし、より多くの価値を生み出すことに集中できるようにします。

紫色の木製の振り子

最適化

コスト、パフォーマンスまたはその両方の面において、現在と将来のインフラを継続的に最適化できます。

緑色のボールと木製の立方体が穴に落ちる

保護

システム停止、災害、ランサムウェア攻撃が発生した場合のエンドツーエンドのデータ保護を簡易化できます。

円形ペグの上にある2個のボール

セキュア

高度なAIにより、データの機密性、可用性、整合性を容易に実現できます。