メニュー

統合:データ ファブリックを構築してデータ サイロを解消

巨大なグループ ハグと同様に、分散した切断されたインフラを統合することで、エッジからコア、クラウドまで、データの保存場所に関係なく、シンプルな管理、大幅なコスト削減、そして一貫性を実現できます。

統合する理由

データセンターで40TBのSAPデータベースを運用し、AWS HPCアプリケーションを実行し、Google Cloudに依存するIoTデバイスでエッジデータを運用しているとします。巨大な鳥の巣のようなストレージ インフラの出来上がりです。では、このガラクタをどうやって整理しますか?

データ ファブリックは科学と芸術の組み合わせです。統合された芸術作品を作るポイントは、サイロを壊すことです。これにより、インフラのすべてのエンドポイントを統合して、エッジからコア、クラウドにわたるデータの整合性、管理、コストの改善を実現できます。

1つの屋根の下でよりシンプルに

ハイブリッド クラウドは複雑ですが、その管理にすべての時間とリソースを費やしてはなりません。インフラに依存しないソリューションを使用してユニファイド データ アーキテクチャを構築することで、単一資産のスペシャリストは不要になり、すべてのエンドポイントを単一のプレーンから管理できるようになります。必要に応じて管理を合理化することで、開発者の重要な時間が節約され、開発者がより重要な業務に集中できるので、優れたカスタマー エクスペリエンスを提供できます。

オフィスでノートパソコンを操作している男性

ストレージが改善し、価格タグも向上

ワークロードに不適切なクラウド ストレージ階層やストレージ タイプを使用すると、かなりのコストがかかる可能性があります。エッジコアとクラウドの統合コントロール プレーンは無駄な冗長性をなくします。冗長性が低いことにより、余分なコストも削減できます。代わりに、必要な場所にデータを移動できるソリューションを採用してください。必要なときにのみ、データを移動できます。データセンターをクラウド(およびエッジ)と統合することで、可視性と手間のかからない管理を実現できます。また、統合スタックの効率性を損なうことなく、必要なコントロールの度合いを決定できます。

オフィスでプレゼンする2人

使用中に何も失われない

アプリケーションがサイロ化してデータを共有できなくなると、レポート作成とインサイトの一貫性が失われます。この状態は、ビジネス上の意思決定に影響するだけでなく、データ ファブリックの自動化、最適化、保護がより困難になります。目標は、自動化などの戦略を採用する最適な状態になるように環境をつなぐことです。障害が発生する可能性は残りますが、これまでにない自由度で適応することができます。

オフィスで立ってチャットしている人の群れ

あなたのバランスを見つけましょう

ハイブリッド クラウドの次のフロンティアが誕生しました。お客様のような先駆的企業はインフラの未来を自由に描くことができます。IDCは、すべてのアプリケーションの70%が2024年までに新しいクラウド ネイティブになると予測しています。また、エッジ環境にあるアプリケーションの数は今後3年間で800%増加すると予測しています。

聞きましたか?800%です!競争力を維持するために、急ピッチで将来のニーズに対応できるストレージのデータ ファブリックを構築しましょう。そこに正解はありません。適切なツールを使って、「もしもこんなことが」という理想のインフラを築けるかどうかは、お客様次第です。

ハイブリッド クラウドで重要なのは、見た目が格好良くて新しいかではありません。大規模なストレージ インフラ エコシステムの一部として最も効率的な環境でアプリケーションを実行できるかどうかです。また、ニーズに応じて、ワークロードを配置する場所とタイミングを自由に決定できることも重要です。

ネットアップのソリューションでデータ ファブリックを構築すると、インフラのすべてのエンドポイントをできる限り効率的かつセキュアで、効果的に統合できます。業界をリードするネットアップのテクノロジと世界有数のクラウドとのパートナーシップにより、予測性、データの整合性、シンプルな管理を実現する一貫したストレージ サービスを提供します。

ネットアップなら、パフォーマンス特性をすべて備えているので、バックアップやレプリケーションの機能など、オンプレミス並みのエクスペリエンス(低レイテンシ、高可用性、高パフォーマンスなど)を実現できます。

インフラをどう繋ぐかはお客様が選びます。ネットアップは適切に構築するためのツールを提供します。

注目のユーザ事例

Siemens Healthineersは120年以上にわたり、医療機器製造のイノベーターとして活動してきました。現在、ネットアップが構築した統合データ ファブリックの強みを活かし、同社は柔軟性と拡張性に優れたクラウド革命を推進しています。

Siemens Healthineersのロゴ

Cloud Volumes ONTAPを管理するために特別なスキルは必要ありません。これは、クラウド内で同じものを扱うことができる既存のチームがいるためです。

Santhanakannan Ramasamy | It戦略およびデジタル化ソリューション アーキテクト, Siemens Healthineers

MRIに入る男性

製品の統合

以下に、ワークロードのモビリティ、消費量ベースの利用、動的で即応性に優れたアプリケーション、デジタル変革プログラムの向上をサポートする、ネットアップの統合製品を幅広くご紹介します。 また、コストとセキュリティのコンプライアンス要件にも対応します。

Cloud Volumesプラットフォーム:データ ファブリックの司令塔

NetApp® Cloud Volumesプラットフォームは、革新的なストレージ インフラとインテリジェントなデータ サービスの統合セットです。包括的な監視機能を備えたAPIベースの高度なコントロール プレーンを介して任意のクラウド上に展開し、管理することができます。消費量ベースの価格モデルを活用しながら、他のクラウド ストレージ サービスで見られるサイロ化した運用、パフォーマンス、レイテンシの問題を解消しましょう。

浮かぶ青い木製の棒

管理はKeystoneにお任せください

NetApp® Keystoneは、ハイブリッド クラウド環境向けの支払いソリューションとサービスとしてのストレージというポートフォリオを提供し、データセンターからクラウドまでにわたり、即応性の向上、財務の柔軟性の向上、財務上のリスクの軽減を実現します。支払い、サブスクリプション、使用量に応じたサービスを適切に組み合わせるKeystoneこそ、お客様が管理からイノベーションに軸足を移すのに必要なものです。

オレンジ色の三角形の定規

Cloud Sync:どんどん移行させましょう

Cloud Syncは、迅速かつセキュアなデータ同期を実現するネットアップのサービスです。オンプレミスのNFS/CIFSファイル共有、Amazon S3オブジェクト フォーマット、Azure Blob、IBM Cloud Object Storage、NetApp StorageGRID® Webscaleアプライアンスと、どんなファイル転送でも、Cloud Syncはファイルを必要な場所に迅速かつセキュアに移動します。

紫色の階段にある白いボール

Global File Cache

ネットアップのIntelligent Global File Cacheにより、分散した従業員のリアルタイムのグローバル ファイル共有を1秒未満のレイテンシで実現できます。

NetApp Cloud Manager

ハイブリッド クラウド全体にわたってデータを管理、監視、自動化するための一元的なコントロール プレーンです。

NetApp Cloud Backup Service

ONTAPデータがどこにあっても、シームレスで費用対効果の高いバックアップおよびリストア機能を利用できます。

関連資料

データ ファブリックの統合について、ほかにどのような点を知っておく必要がありますか?学べる点はたくさんあります。ブログの投稿やユーザ事例からホワイトペーパーやチェックリストまで、ネットアップの目標は、お客様が統合のエキスパートとなり、その知識を活用して組織全体のイノベーションを促進できるようにすることです。

青い階段
オレンジ色の跳ねるボール

独自のデータ ファブリックを構築しましょう

ネットアップは、お客様がデータ ファブリックを構築できるよう支援しています。お客様の現状や将来について詳しく知るのが待ち遠しいです。安心してください。お客様に最適なデータファブリックを一緒に構築します。

チャットでのお問い合わせ

人間の担当者とビデオ通話以外の方法で話をされたい場合は、下のボタンをクリックすると、担当者とチャットで会話することができます。Webカメラは必要ありません。

メールでのお問い合わせ

お困りのことがありましたら、お気軽にご連絡ください。下のリンクをクリックすると、お問い合わせの内容を記入できます。内容を確認次第、お返事いたします。

パートナーを検索

ネットアップの広範なパートナー エコシステムがさまざまな購入オプションを提供しています。ニーズにぴったりなパートナーを見つけてください。

柱を形成する丸および正方形の棒

イノベーションのレシピ

適切に整理されたデータにより、カスタマー エクスペリエンスを継続的に改善させることができます。最も優れたレシピは何でしょうか?それは、以下の6つの機能で構成される堅牢なデータ ファブリックです。ネットアップとのパートナーシップを通じて、エッジからコア、クラウドまで、あらゆる問題を抑制、統合し、サイロ化を解消し、整理できます。

円状のディスク

ディスカバリ

ストレージからデータに至るまで、システム全体の可用性、パフォーマンス、使用状況を可視化します。

緑の棒の振り子

統合

データ ファブリックをシームレスに統合して、場所や時間に関係なくデータに簡単にかつ一貫してアクセスできるようにします。

オレンジの波状の柱

自動化

手動タスクの数を減らし、より多くの価値を提供することに集中できるようにします。

紫と木の振り子

最適化

コスト、パフォーマンスまたはその両方について、現在と将来にわたってインフラを継続的に最適化できます。

穴に落ちた緑色のボールと木製の立方体

保護

システム停止、災害、ランサムウェア攻撃が発生した場合のエンドツーエンドのデータ保護を簡易化します。

円形ペグの上にある2個のボール

セキュリティ

高度なAIにより、データの機密性、可用性、整合性を容易に実現できます。