メニュー

保護:データ ファブリックのバックアップ計画

人々は愚かな間違いをする、自然は災害をもたらす、ネットワークは障害を起こし、瞬きをする暇もありません。統合データ保護戦略の優れた点は、より速やかなリカバリ、耐障害性の向上、災害の回避を可能にし、同時に企業に新たな価値をもたらすことです。

保護する理由

1つ質問です:種類の異なるアプリケーションやインフラ全体でバックアップを簡単に管理するにはどうすればよいでしょうか?バックアップの管理や監視を犠牲にすることなく、アプリケーションやデータベースの所有者に委譲するにはどうしたらいいでしょうか?そして、それらを大規模に行うには?

データ ファブリックを思い浮かべたなら大正解です。保護とは、必要なときに必要な場所にデータが格納されているようにすることです。データ保護戦略が包括的であればあるほど、完成度は高いです。ダウンタイムが発生しないと保証することは困難ですが、統合されたデータ保護戦略を利用して資産を保護することで、あらゆるイベントに備えることができます。

バックアップとリカバリの対象がなんて小さいことでしょうか

ダウンタイムを最小限に抑え、リカバリにかかる時間を短縮するには、スペース効率に優れたSnapshotコピーや、クラウドやセカンダリ データセンターのオフサイト バックアップなど、複数のバックアップ戦略が必要です。データ ファブリック全体に関わる統合されたポイントインタイム スナップショット機能により、高可用性を備えたバックアップをより頻繁かつ定期的にスケジュールできます。また、ライブ リストア機能を使用すると、リカバリ作業中にシステムをオフラインにする必要がほとんどなくなります。

迅速なリカバリのイメージ

徹底的にデータ保護を行いましょう

ダウンタイムのリカバリ目標を達成し、コンプライアンス関連の罰金を回避することで、新しい価値を生み出すことができますが、これは第一歩に過ぎません。ネットアップのデータ保護機能をデータ ファブリック全体に統合すれば、セカンダリ データをビジネスに有効活用し、全体的なTCOを最大60%削減できます。たとえば、NetApp® Snapshot Tmテクノロジを使用すると、開発およびテストテクノロジを使用すると、開発およびテスト サイクルを短縮し、開発環境の一貫性を確保することができます。

値の抽出のイメージ

システム停止は決して「計画された」ものではない

ビジネス継続性計画の第一のルールは「想定外の想定」です。そのすぐ次に来るのが「柔軟性はすべて」です。災害が発生した場合、統合され、自動化され、最適化されたデータ ファブリックが、アプリケーションへの継続的なアクセスとデータ フローによって、場所を問わずチームをサポートできる適応性を提供します。さらに、継続的なリスク評価、予測に基づくアラート、ケースの自動作成を行うことで、大きなシステム停止そのものを回避することに役立ちます。

耐障害性のイメージ

優先付け、計画、テスト、繰り返し

高品質のデータ保護が必要な場合、バックアップだけでは実現できません。ダウンタイムを最小限に抑え、リカバリ時間を短縮するためには、バックアップ、Snapshot、レプリケーションなど、複数の方法を組み合わせる必要があります。

データのバックアップとリカバリのターゲットを設定する作業は、難しいものです。データ保護戦略を設計する際には、ワークロードの優先順位と、現実的なリスクとなるダウンタイムの長さを考慮してください。SQLデータベース、Oracleデータベース、SAP HANAなどのティア0ワークロードでは、想定されるアップタイムは99.9999%でなければなりません。ミッション クリティカルなワークロードの場合、最大のリカバリ時間目標は15分です。

各システムを定期的にテストして、バックアップ戦略の効率性を確保することで、システム停止への対策を立てましょう。また、災害が発生するときは、必ずしも火災や洪水とは限りません。さらに、通常はインフラ全体を一度に行うのではなく、個々のシステムで災害は発生します。

3-2-1ルールに準拠しましょう:常に、データのコピーを3つ以上保管しましょう。2つのコピーは異なるストレージ メディアに保管して、そのうち1つはオフサイトに保管します。

オブジェクト ストレージ向けの主要なシステムであるNetApp StorageGRIDを使用すると、災害が発生して、単一のストレージ システムやデータセンター全体(複数のデータセンターの場合も!)が失われても、バックアップしたオブジェクトは継続的に存在します。また、StorageGRIDは自己修正機能も備えており、システム停止が発生した場合は、保護された状態を維持するため、定義した時間的なしきい値に基づいて、残りのインフラ全体ですべてのオブジェクトが自動的にリバランシングされます。

データの保護は設立当初からネットアップの優先事項でしたが、バックアップとリカバリは成熟した産業分野です。そこで、ネットアップはいくつかの主要なデータ保護およびセキュリティ パートナーと協力して、大規模にバックアップとリカバリを強化してきました。パートナーに含まれるCommvault、Veeam、そしてRubrikはいずれも2020年のバックアップおよびリカバリのガートナー マジック クアドラント リーダーに選出されています。彼らのソリューションは、ネットアップやお客様のデータ ファブリックとシームレスに統合されています。

注目のユーザ事例

Nexonは、2000年の設立以来、オーストラリアを代表するITソリューション プロバイダの1つになるまで飛躍的に成長しました。ネットアップは、お客様が複数のサイトに低コストでデータをバックアップし、災害発生時に迅速にリストアすることを可能にするNexonの革新的なバックアップ サービスの開発を支援しました。その詳細をご覧ください。

Nexonのロゴ

信頼性は私たちの生存の鍵となります。お客様がリスクを排除できるように、多くの問題解決を支援しています。ネットアップがそのような環境に対応するために、テクノロジを短期間で進化させている点を評価しています。

Justin Bailey | クラウド インフラストラクチャ ビジネス リード, Nexon

Nexonのイメージ

製品を保護

データがないとデータ ファブリックを構築できません。ネットアップのデータ保護ソリューションは、信頼性、耐障害性、セキュリティ、コンプライアンスを提供する業界のリーダーです。必要な場所に、必要なタイミングで常にデータが保管されていると安心することができます。

完全なデータ保護ONTAPを取得

お客様のデータを保護しデータファブリック全体で「99.9999%」以上の可用性を実現するソリューションの中核をなすのが、業界をリードするNetApp® ONTAP®データ管理ソフトウェア.です。ONTAPは、ネットアップの統合データ保護(IDP)を提供し、エッジからコア、クラウドに至るまで、お客様のオペレーションを保護し、スムーズな運用を維持します。

ONTAPデータ管理のイメージ

SnapCenter:データ保護が簡単になる

NetApp® SnapCenter®ソフトウェアでは、さまざまなアプリケーションやインフラ全体でバックアップ、リストア、クローンの管理を簡易化すると同時に、制御や監視を犠牲にすることなく、アプリケーションやデータベースの所有者に管理を委譲することができます。また、ストレージ ベースのデータ管理を活用することで、パフォーマンスと可用性を向上させ、テストと開発の時間を短縮します。

SnapCenterのイメージ

SnapLock:永久保存

レコード保持に関する規制および要求。ホットな話題になっていますか?NetApp® SnapLockは、ONTAPの一部として、データの永続性と整合性を強化します。そのため、改ざんされることなく、すばやくアクセスでき、優れた監督機能も備えています。2つの保持機能のそれぞれが、厳格な記録保持要件を満たし、不正な管理者による悪意のある破壊や削除などの問題を防止することが認定されています。

SnapLock Complianceのイメージ

NetApp Cloud Backup

クラウドとオンプレミスのONTAPデータを保護、アーカイブするための、シームレスで対費用効果の高いバックアップとリストア機能。

NetApp SnapMirror

アレイベースのデータ レプリケーションにより、高速かつ効率的なバックアップ、ディザスタ リカバリ、データモビリティが可能になります。

NetApp SaaS Backup

Office 365の重要なデータに対して、自動化された日次バックアップや細かいポイントインタイム リストアを実施し、データを損失から保護します。

関連資料

他にデータ保護について知っておくべき点はあるでしょうか?たくさんあります。ブログの投稿やユーザ事例からインフォグラフィックやWebセミナーまで、ネットアップの目標は、お客様が保護のエキスパートになり、その知識を活用して組織全体のイノベーションを促進できるよう、データ保護について簡単に説明することです。

タイル保護のイメージ

ブログ:ランサムウェアとの戦い

ランサムウェアの拡散を防止し、攻撃を受けた際に迅速に復旧する方法をご紹介します。

ブログ:シンプルで一元的なデータ保護

SnapCenterの最新リリースと、強化されたセキュリティ、簡易性、自動化に対応する新機能について説明します。

保護のイメージ

独自のデータ ファブリックを構築しましょう。

ネットアップは、お客様がデータ ファブリックを構築できるよう支援しています。お客様の現状や今後について、より詳しく知るのが待ち遠しいです。安心してください。目標を達成できる最適なデータファブリックを共に構築しましょう。

チャットでのお問い合わせ

人間の担当者とビデオ通話以外の方法で話をされたい場合は、下のリンクをクリックすると、担当者とチャットで会話することができます。Webカメラは必要ありません。

メールでのお問い合わせ

お困りのことがありましたら、お気軽にご連絡ください。下のリンクをクリックすると、お問い合わせの内容を記入できます。内容を確認次第、お返事いたします。

パートナーを検索

ネットアップの広範なパートナー エコシステムがさまざまな購入オプションを提供しています。ニーズにぴったりなパートナーを見つけてください。

データ ファブリックのイメージ

イノベーションの方法

よく整理されたデータによって、顧客満足度を継続的に向上させることができます。受賞歴のある方法とは?それは、以下の6つの機能で構成される堅牢なデータ ファブリックです。ネットアップとのパートナーシップを通じて、エッジからコア、クラウドに至るまであらゆる問題に対応し、統合、サイロ化を解消し、整理できます。

調査のイメージ

可視化

ストレージからデータに至るまで、システム全体の可用性、パフォーマンス、使用状況を可視化します。

統合のイメージ

統合

データ ファブリックをシームレスに統合して、データに簡単かつ一貫して場所や時間を選ばず、アクセスできるようになります。

自動化のイメージ

自動化

手動による作業を減らし、より価値のある仕事に集中できるようになります。

セキュアのイメージ

最適化

コスト、パフォーマンス、またはその両方を考慮して、現在と将来にわたりインフラを継続的に最適化します。

最適化のイメージ

保護

システム停止、災害、ランサムウェア攻撃が発生した場合のエンドツーエンドのデータ保護を簡易化しましょう。

保護のイメージ

セキュア

高度なAIにより、データの機密性、可用性、整合性を容易に実現できます。