メニュー

自動化:データ ファブリックの簡単な機能

ネットアップは仕事を減らしコストを節約する新しい方法を常に模索しています(拍手!)。ネットアップの自動化テクノロジをデータ ファブリックに組み込むことで、管理する対象が減り、支出できる資金が増え、データの一貫性が一貫して向上します。

自動化する理由は何ですか?

今日、ほとんどの自動化の問題は、何も自動化されていないという点です。さまざまなソリューションの寄せ集めを使って自動化する場所、タイミング、方法を特定する負担が生じれば、効率性の向上によって得られたメリットに比べて、割に合わないと感じてしまうでしょう。

一方、スマート インテグレーションのメリットは莫大です。システムをできる限り少数のコントロール プレーンから美しく統合して管理すれば、戦略的な自動化を容易に実現できます。メリットは何か?いくつか例を挙げるならば、コストガバナンス、予測分析、AIベースのコンプライアンス監視機能が強化された柔軟な消費モデルであることです。

手動作業は塩鉱山用でやることです

インフラ管理に複数のデータセンター、クラウド、エッジでの重複作業が含まれる場合は、価値が十分に発揮されません。一方、適応型インフラは、必要な期間だけコンピューティング リソースを割り当てる能力を提供することで、市場投入までの時間を短縮します。データ ファブリック全体で退屈な作業を自動化すれば、従業員はやりがいのある仕事に集中できます。

タブレットPCで話す2人の人

変革のために少し費用を抑えてみてください

ストレージをどれほど効率よく使用しているか、自分自身に尋ねてみてください。データの自動プロビジョニングは、DevOpsの生産性を高めますが、コストがかかります。この過剰支出に対する処方箋は、自動化されたコスト最適化であり、これはネットアップだけが提供できます。ネットアップの最適化ツールは、お客様の環境を継続的に分析し、リアルタイムのインサイトに基づいて、コスト、コンピューティング、インスタンスの種類(予約済み、スポット、オンデマンド)の最適なバランスを見つけ、最適な案件を自動的にお客様にお届けします。

データセンターをチェックするユーザ

はい、二重に表示されています

開発チームの前進を続けるためには、一貫性よりも重要なことはありません。更新は、開発環境が本番環境と100%整合していることがわかっている場合にのみ機能します。NetApp Snapshot™テクノロジを使用すると、ストレージをすべて占有することなく、開発/テスト環境の一貫性をコスト効率よく維持できます。つまり、繰り返されるテストを自動化することで、テストが毎回確実に実施されることを確保することで、人為的ミスを削減します。

ノートパソコン越しに話す2人の人

自動化においては、飲食や睡眠、コーヒーが必要になることはありません

自動化は、お客様のハイブリッド インフラの上で振りかざせる魔法の杖ではありません。自動化は、時間の経過とともに洗練される継続的なプラクティスです。組織のデータ管理戦略を強化するものであり、それを置き換えるものではありません。

自動化の方法や導入するツールは、お客様のニーズに応える必要があります。その逆ではありません。最初のステップは、現在手動で実行されているプロセスのうち、自動化した方がパフォーマンスが向上するものを特定することです。テストやタスクを頻繁に実行する予定で、変更される可能性が低い場合は、自動化を検討しましょう。Cloudセキュリティ運用の達人の域に達したい場合は、自動化後のアドオンとしてではなく、事前に、総合的な自動化戦略の一環として、許可、アクセス、セキュリティについて検討しましょう。

ネットアップのツールを使用すると、クラウドの階層化と自動プロビジョニングをオンザフライで実行できます。必要なときに必要な時間だけコンピューティング リソースを割り当てて提供することで、インスタンスをオンデマンドで提供できます。さらに、ネットアップは、暗号化、セキュリティ、バックアップ、データの整合性を確保するためのセキュリティ機能を豊富に標準搭載しています。

注目のユーザ事例

世界第3位の保険ブローカーであるWillis Towers Watsonは、手作業によるデータ クリーンアップ プロセスにリソースをどんどん割かれ、苦労していました。ネットアップのテクノロジは、ストレージ プロセスを自動化し、従業員がより付加価値の高いプロジェクトに取り組むことを可能にしました。

Willis Towersのロゴ

Cloud Volumes ONTAPとCloud Managerの高度に自動化された機能により、クラウド ストレージにセキュリティ、バックアップ、拡張性、コスト効率性、ハイパフォーマンスが確保された状態を保持する負担が軽減されます。

Rod Segrav | ICTソリューション アーキテクト, Willis Towers Watson

デスクトップPCを使用して作業する2人

製品の自動化

ネットアップ製品に組み込まれている幅広い自動化テクノロジを使用すれば、コンピューティング能力、コスト削減、帯域幅、機能、その他の重要な要素に関するニーズの変化に応じて、自動的に適応するインフラを構築できます。

Spot Ocean:苦労知らずのコンテナ インフラ管理

Spot Ocean by NetApp®は、快適な方法で、コンテナの可用性を確保し、コストを最適化します...それも自動的に。コンテナがインフラをどのように使用しているかを継続的に分析することで、コンピューティング リソースを自動的に拡張し、使用率と可用性を最大限に高めるとともに、即座、予約済み、オンデマンドのコンピューティング インスタンスを最適な形で組み合わせます。

アーチで飛ぶ鳥

Cloud Volumesプラットフォーム:床一面の自動化

NetApp® Cloud Volumesプラットフォームは、本番環境のデータのポイントインタイムのバックアップとリカバリをほぼ瞬時に行える一方で、コスト効率に優れた方法で環境の整合性を確保します。さらに、クラウドでのNFS v3およびSMBファイルベースのワークロードの高速のプロビジョニングをシームレスに自動化することができます。また、RESTful APIsを介した機能により、Cloud Volumeの作成と管理、およびプロビジョニング スクリプトとツールの開発を行うことができます。

浮かぶ青い木製の棒

Astra Control:Kubernetesを大事にしましょう

Astra Controlは、アプリケーション対応のデータ管理ソリューションです。パブリック クラウドとオンプレミスの両方で、大量のデータを扱うKubernetesワークロードを管理、保護、移動します。また、Astra Controlプラットフォームは、Kubernetesアプリケーション向けのデータ保護、ディザスタ リカバリ、移行のユースケースにも対応します。

上下逆に重ねられた緑色の立方体

ネットアップとAnsible

アプリケーションの導入、構成管理、オーケストレーションと、1つのシステムからすべてを強力に自動化

NetApp Cloud Manager

ハイブリッド クラウド全体にわたってデータを管理、監視、自動化するための一元的なコントロール プレーンです。

Spot Eco by NetApp

AWS Savings PlanとRIsの自動最適化機能で、最大のクラウド割引を手に入れることができます。

NetApp Cloud Data Sense

自動化されたコントロールとレポート機能により、何でも、どこでも、いつでも検索できます。

関連資料

自動化について他に知っておくべきことは何ですか?学べる点はたくさんあります。ブログの投稿やユーザ事例からホワイトペーパーやチェックリストまで、ネットアップの目標は、お客様が自動化のエキスパートとなり、その知識を活用して組織全体のイノベーションを促進できるようにすることです。

オフィスで話し合う人々
オレンジ色の跳ねるボール

独自のデータ ファブリックを構築しましょう

ネットアップは、お客様がデータ ファブリックを構築できるよう支援しています。お客様の現状や将来について詳しく知るのが待ち遠しいです。安心してください。お客様に最適なデータファブリックを一緒に構築します。

チャットでのお問い合わせ

人間の担当者とビデオ通話以外の方法で話をされたい場合は、下のボタンをクリックすると、担当者とチャットで会話することができます。Webカメラは必要ありません。

メールでのお問い合わせ

お困りのことがありましたら、お気軽にご連絡ください。下のリンクをクリックすると、お問い合わせの内容を記入できます。内容を確認次第、お返事いたします。

パートナーを検索

ネットアップの広範なパートナー エコシステムがさまざまな購入オプションを提供しています。ニーズにぴったりなパートナーを見つけてください。

柱を形成する丸および正方形の棒

イノベーションのレシピ

適切に整理されたデータにより、カスタマー エクスペリエンスを継続的に改善させることができます。最も優れたレシピは何でしょうか?それは、以下の6つの機能で構成される堅牢なデータ ファブリックです。ネットアップとのパートナーシップを通じて、エッジからコア、クラウドまで、あらゆる問題を抑制、統合し、サイロ化を解消し、整理できます。

円状のディスク

ディスカバリ

ストレージからデータに至るまで、システム全体の可用性、パフォーマンス、使用状況を可視化します。

緑の棒の振り子

統合

データ ファブリックをシームレスに統合して、場所や時間に関係なくデータに簡単にかつ一貫してアクセスできるようにします。

オレンジの波状の柱

自動化

手動タスクの数を減らし、より多くの価値を提供することに集中できるようにします。

紫色の木製の振り子

最適化

コスト、パフォーマンスまたはその両方の面において、現在と将来のインフラを継続的に最適化できます。

緑色のボールと木製の立方体が穴に落ちる

保護

システム停止、災害、ランサムウェア攻撃が発生した場合のエンドツーエンドのデータ保護を簡易化できます。

円形ペグの上にある2個のボール

セキュア

高度なAIにより、データの機密性、可用性、整合性を容易に実現できます。