メニュー

無秩序に広がるデータの迷宮で身動きが取れないのなら、出口を探しましょう。

今日のエンタープライズ データのうち、圧倒的に多くの割合を占めているのは非構造化データで、これは世界中の多岐にわたる環境で利用され、さまざまな形式で保存されています。データが増大するペースが遅くなることはなく、データセットの間の隔たりが近くなることもありません。

では、どのような対処が求められるのでしょうか。それは、標準化したデータ アーキテクチャの構築です。データの収容に最適な場所を決め、上手く連動させる方法を考え出せば、多種多様なデータやアプリケーションが無秩序に散らばる世界を乗り越えることができます。

このリファレンス アーキテクチャ スターター キットは、組織がデータの迷路を解消する際に、データ アーキテクチャに取り組む方法についてのアイデアを喚起することを目的としています。
キットを入手
青の背景上の凹凸がある青い道の上の木製のブロック
Microsoftのロゴには、横にMicrosoft Azureという文字が表示されています

Microsoftとネットアップは、20年におよぶ連携により、コストの無駄を最大限削減する方法にたどり着きました。この共同開発によって、いかにお客様のクラウドのレベルが高められるようになったかをご確認ください。

Google Cloudのロゴには、下にGoogle Cloudという文字が表示されています

ネットアップは、「Google Technology Partner of the Yearインフラ部門」を2年連続で受賞しました。詳細をぜひご確認ください。

Amazonのロゴ

ネットアップとAWSは、8年以上にわたってお客様のためのイノベーションに取り組み、クラウド ストレージのスムーズな運用と月額コストの削減を実現しました。

低コストでクラウドを有効活用

イノベーションを骨の折れるものに見せているのは、過剰なプロビジョニングと無駄なインフラです。コンピューティングとストレージの戦略が適切でなければ、大量のクラウドへの過剰な支出が自分の身に降りかかってきます。もう、そうした状況に甘んじることはありません。

Spotはリソースを自動で最適化するため、CloudOpsチームは手動による変更を一定周期で行う作業から解放され、開発チームはインフラの不足や途方もないクラウド料金を気にすることなく、より迅速に作業を進めることができます。
詳細はこちら
青の背景上の1つのピンクの円と、Spot NetAppとう文字が表示されている1つの青い円