メニュー

クラウド コストが手に負えない状態になっていませんか?コストの上昇を抑える方法があります

Eブックでは、パブリック クラウドの費用に問題があると5つの危険信号が点灯することや、問題の解決方法を説明しました。では、クラウド コスト削減のためのイニシアチブに意味があることは、どうやって証明すれば良いでしょう。最高レベルのクラウドは管理に手間がかかります。その難しさを数字や定性分析で示し、納得できるように説明するには、どうすれば良いでしょう。

この簡単な実践ガイドには、状況把握のための質問と、協力を依頼するべき相手がまとめられています。社内のクラウド アカウントの一覧の有無の確認から、コストのタグ付けと追跡まで、このガイドを参考に、組織の適切な相手から正確な答えを引き出してください。

クラウド関連支出の10%以上が追跡不可能でも、このチェックリストを指針にすれば、運用面から問題に取り組むための方法が明確にわかるはずです。
チェックリストを入手
『クラウド最適化のための究極の実践ガイド』というタイトルの PDF の表紙
横にMicrosoft Azureという文字が表示されているMicrosoftのロゴ

Microsoftとネットアップは、20年におよぶ連携により、コストの無駄を最大限削減する方法にたどり着きました。この共同開発によって、いかにお客様のクラウドのレベルが高められるようになったかをご確認ください。

下にGoogle Cloudという文字が表示されているGoogle Cloudのロゴ

ネットアップは、「Google Technology Partner of the Yearインフラ部門」を2年連続で受賞しました。詳細をぜひご確認ください。

Amazonのロゴ

ネットアップとAWSは、8年以上にわたってお客様のためのイノベーションに取り組み、クラウド ストレージのスムーズな運用と月額コストの削減を実現しました。

ブログ シリーズ:クラウド ストレージの無駄を削減

クラウドのコストに頭を悩ませる必要はありません。

クラウドの請求額を的確に分析して、コスト管理を最適化する方法をご確認ください。オーバーヘッドを低減させてデータを有効に活用することで、収益を拡大することができます。
コストを分析
緑色の背景の上で、ロウソクがロープを燃やし、金の硬貨の上にある鳥かごが落ちることによってかかる罠。