メニュー

従来型アプリケーションからデータを解放し、可能性を最大限に引き出す

緊密に接続され、データで動いている今日の世界では、ストレージ プラットフォーム間、クラウド間、環境間、異なるファイル プロトコル間でデータを移動するタイミングと方法を把握しておくことが、きわめて重要です。こちらのEブックでは、保存場所を問わずデータを接続する方法についての有用なノウハウ、ヒント、インサイトをご紹介しています。組織がさらに進化できるかどうかは、データをどのように結び付けるかが鍵を握ります。

Eブックを読む
水色の背景に、円を描くように置かれた白くコーティングされたオレンジ色の円柱のスライス

世界を繋げる方法(3分以内で)

オンプレミス ストレージとクラウドを接続、統合するメリットとは何でしょうか。ネットアップの接続の達人Nick Howellと、ESGストレージ エキスパートScott Sinclairが、軽妙なトークでその答えを探ります。ワンランク上のストレージ運用を実現するデータ接続の構築にあたっての時間、コスト、リスクの上手なバランスの取り方をご紹介します。

ビデオを見る 概要を読む

ニーズに合わせてクラウド ストレージからさらなるメリットを引き出せますか?

ファイルベースのクラウド ストレージは、どのような状況で役立つのか。ファイルベースのクラウド ストレージ ソリューションをどのように評価すればいいのか。どのベンダーがニーズに最適なのか。この新しいGigaOm Radarレポートを読めば、これらの疑問に明快な答えが得られます。

レポートを読む
紫色の背景に、紫色の抽象的な物体

ネットアップでSAPをクラウドに接続

ネットアップ製品は、AzureとGoogle Cloud PlatformのどちらでもSAPを使用できるように認定を受けています。ネットアップなら、オンプレミスとクラウドとにわたって、SANとNASのどちらのアーキテクチャでも、99.99%の可用性でほぼ無制限のスケーラビリティとシームレスなデータ移動が実現します。SAPワークロードはネットアップで運用できます。利用しない手はありません。

SAPを接続
青色の背景に青い抽象的な物体

ストレージ容量を拡張し、コストを削減

Rackspaceでは、VMware Cloud on AWSが大量のストレージを消費するワークロードに対費用効果の高い方法で処理できないことに早くから気づいていました。同社では、20年に及ぶネットアップとのパートナーシップを通じて、NetApp® Cloud Volumes Serviceを自社のソリューションに統合し、ストレージ コストをギガバイトあたり10%削減できました。

ビデオを見る

ブログ シリーズ:データがより繋がる世界

今すぐ繋げましょう。このブログ シリーズでは、アプリケーションの接続性を向上させて、環境を完全に統合する方法をご紹介します。また、エッジからコア、クラウドまでをカバーするアーキテクチャの構想(と構築)、データにとって最もメリットの大きい場所、そしてもちろん、それらすべてを管理する方法について考察します。

ブログ シリーズを読む
金貨の山に落ちている、ねずみ捕り式の仕掛けがついた緑色の檻

営業チームへのお問い合わせ

ご質問がある場合でも、製品の利用を開始したい場合でも、ネットアップの営業チームにご相談ください。

道路を渡りながら電話を見ている女性

チャットでのお問い合わせ

人間の担当者とビデオ通話以外の方法で話をされたい場合は、下のボタンをクリックすると、担当者とチャットで会話することができます。Webカメラは必要ありません。

チャットする
2人がコンピューター画面の前で作業

メールでのお問い合わせ

お困りのことがありましたら、お気軽にご連絡ください。下のリンクをクリックして、あとは私たちにお任せください。Eメールの内容は厳重に守られるので、ご安心ください。

こちらから
丸いセンターピースのある円形のソファに座っている人々の俯瞰図

パートナーを検索

ネットアップの広範なパートナー エコシステムがさまざまな購入オプションを提供しています。メリットを最大限に引き出せるよう、お客様のニーズに柔軟に対応します。

連携パートナーを検索