メニュー

IDCがネットアップを「パブリック クラウド ストレージ分野に不可欠な存在」と評価した理由

「クラウド データ管理のビジョンは持っているが、クラウド データ戦略がない」という声をよく耳にしますが、ネットアップが最もお役に立てるのは、こうした課題を抱えるお客様です。IDCが独自に行った調査レポートでは、ネットアップが、クラウドの可能性を最大限に引き出し、これまでの常識を打ち破る確実性、耐障害性、スピード、即応性、コンプライアンス、そして簡易性をもたらすという、一点に全力を注いでいると結論付けています。

IDCは、エンタープライズ ストレージからハイブリッド クラウドへの転換を検討している企業にとって、ネットアップがストレージ コストの削減、ビジネスクリティカルなワークロードのパブリック クラウドへの移行、データの格納場所に左右されない一貫したデータ管理環境の構築を実現する重要な役割を果たすだろうとしています。その理由をまとめた報告書をぜひご覧ください。

ネットアップの進化に関する報告書を読む
円状に並んだ複数の白いシリンダ。 2個の木製のボールがいくつかのシリンダを円の反対側に押し出している。
Microsoftのロゴと、その隣に「Microsoft Azure」と表示されている

Microsoftとネットアップは、20年におよぶ連携により、コストの無駄を最大限削減する方法にたどり着きました。この共同開発によって、いかにお客様のクラウドのレベルが高められるようになったかをご確認ください。

Google Cloudのロゴと、その下に「Google Cloud」と表示されている

ネットアップは、「Google Technology Partner of the Yearインフラ部門」を2年連続で受賞しました。詳細をぜひご確認ください。

Amazonのロゴ

ネットアップとAWSは、8年以上にわたってお客様のためのイノベーションに取り組み、クラウド ストレージのスムーズな運用と月額コストの削減を実現しました。

ブログ シリーズ:クラウド ストレージの無駄を削減

クラウドのコストに頭を悩ませる必要はありません。 クラウドの請求額を的確に分析して、コスト管理を最適化する方法をご確認ください。オーバーヘッドを低減させてデータを有効に活用することで、収益を拡大することができます。 ブログを読む
ロープが燃えることで、金のコインの上に檻が落ちる仕組みの罠。緑の背景。