メニュー

仮想デスクトップ サービス

オンプレミスでもクラウドでも、デジタル ワークプレースの自動化、オーケストレーション、管理、最適化を実現するグローバル コントロール プレーンです。 

詳細はこちら 試用する ->
ピーチ色の背景に、10個のピーチ色の球体がピラミッド型に配置されている

ネットアップ仮想デスクトップ サービスを選ぶ理由

仮想デスクトップの導入と管理にかかる時間を短縮し、エラーを減らし、コストを削減できます

NetApp®仮想デスクトップ サービスは、仮想デスクトップの導入および管理の複雑さの問題を全体的に解決します。柔軟なSaaSアクセスを通じて提供されるこのサービスにより、お客様は任意のパブリック クラウドまたはプライベート クラウドにわたって仮想デスクトップ インフラ(VDI)を管理できるようになります。このサービスにより、デスクトップ導入の際に必要な、通常は2~3日を要する数百のタスクを排除し、導入時間をわずか数時間に短縮できます。導入後は、インテリジェントなツールセットとポリシーベースの管理によって仮想インフラ管理が自動化され、ワークスペースを常に最新の状態に保ち、同期して、期待されるサービス レベルに応じてパフォーマンスを調整できます。

緑の背景を持つ積み重ねた緑色の図形

ターンキーEase-of-Use

SaaSが提供するグローバル コントロール プレーンを使用して、VDI環境、またはフルマネージドのWindows Virtual Desktop(WVD)プラットフォーム サービスを管理できます。

柔軟な管理

テクノロジ スタックのすべてのレイヤを制御する1つのポータルによって、ビジネスの柔軟性を最大限に高めることができます。

リスクを軽減

クラウドのベストプラクティス(Microsoft WVDの標準など)に基づいて、デスクトップを論理ワークフローに導入します。  自動化を活用してエラーを削減し、ROIを向上します。

インフラ コストを削減

LiveScalingやWake-on-Demand、カスタマイズ可能なリソース スケジューリング システムなどのテクノロジにより、インフラス トラクチャのコストを最大50%削減しながら、適切なパフォーマンス プロファイルを確保できます。

フル オートメーション

現在のスクリプトを使用できるイベントドリブン方式の自動化およびオーケストレーション エンジンによって管理が容易になり、一般的なIT管理者がより優れた制御でより効率的にクラウド デスクトップを管理できます。

マルチクラウド

AWS、Azure、Google、プライベート クラウドやオンプレミスにまたがる複数のテナントを1つのGUIで制御します。

Microsoftで検証済みのWVDへの対応

ネットアップは、Microsoftが推奨するWVDのソリューション プロバイダです。NetApp® Virtual Desktop Serviceは、ネイティブのAzure WVDソリューションのすべてのコンポーネントを活用することで、迅速な導入、管理の合理化、コストの最適化を実現します。

機能

ビジネス ニーズを満たし、対費用効果が高く管理しやすいセキュアな環境を構築します。最適な作業環境がユーザに迅速に提供されます。

高速かつシンプルな導入
  • ユーザ(ID、認証)
  • アプリケーション
  • データ(ファイル、データベース)
  • ポリシー(GPOアプリケーション)
  • プロファイル、設定
  • インフラ(ストレージ、ネットワーク、コンピューティング)
常時アクセスが可能

NetApp®の「Wake-on-Demand」テクノロジは、予定外の時間帯でも常時稼働アクセスを提供します。

詳細な監視

排他的アルゴリズムによってワークスペースのVMのライブ拡張、ワークロードのスケジュール設定、スクリプト イベント エンジンを継続的に監視および最適化します。

完全な互換性

スタック内のすべてのレイヤをサポートし、すべての主要クラウドまたはオンプレミスでMicrosoft WVDおよびリモート デスクトップ サービスの実装を1つのポータルで管理できます。

4つの光沢のあるピーチ色の球体がピーチ色の背景に跳ねている

ネットアップのクラウド サービス

任意のクラウドで一貫して利用できるエンタープライズ データ サービスにより、クラウドの革新的なメリットを活用できます。

詳細はこちら