メニュー

クラウドのROI

 : マルチクラウドが抱える最大の課題に正面から取り組む

クラウドのROI向上を望むのは 当然です。お客様はクラウドに多額の投資をしています。でも、それに見合う効果は得られていますか? 今こそマルチクラウドの複雑さに対処し、クラウド予算を引き締めましょう。主導権はお客様にあります。クラウド ストレージのコストを最大60%Google Cloud Calculator、必要なデータを最大96%削減できますConcerto Cloud Servicesのユーザ事例

緑色を背景に、積み重ねられたさまざまな図形
本書の内容

ビジネスに役立つマルチクラウドを実現するための8つのステップ

ネットアップの言う「マルチクラウド」とは、本物のマルチクラウドです。ネットアップは、ほぼすべてのクラウドをサポートしているので、お客様はお好きなクラウドを選択できます。AWSMicrosoft AzureGoogle Cloudは、いずれもネットアップのソリューションを活用して、卓越したパフォーマンスとセキュリティを実現しています。マルチクラウド環境はコストと複雑さをもたらしますが、ありがたいことに、どちらも管理が可能です。ここでは、コストが収益をおびやかさないようにするために、今日から実行できる手順をご紹介します。

ステップ1:インベントリを作成

まずは簡単に開始する方法として、データを検出、マッピング、分類して、データの中味と保存場所を把握しましょう。NetApp® Cloud Data Senseを使用すると、非構造化データと構造化データをひとつ残らずスキャンできます。人工知能、自然言語処理、機械学習を利用して、接続されているすべてのデータ ソースの完全なインベントリが作成されるので、データの削除や再配置を行って、リソースを効率よく使用することができます。

ステップ2:優先順位付けと最適化

マルチクラウドのワークロードとアプリケーションに必要なデータに効率よく優先順位を付け、ニーズを最適化します。NetApp Cloud Volumesを利用すると、クラウド ストレージ コストの最適化、アプリケーションのパフォーマンスの向上を図りながら、データ保護、セキュリティ、コンプライアンスを強化できます。

手順3:プロビジョニングを自動化する

ポリシーを利用し、ほぼセルフサービスの状態にまで、データ ストレージ リソースのプロビジョニングを自動化します。NetApp BlueXPTMを使用すると、オンプレミスやクラウドに実装されたNetApp ONTAP ®システムを検出、導入、管理して、一貫したシームレスな運用を実現できます。BlueXPは、マルチクラウド環境全体に統合されたサービスを提供します。単一のコンソールからポイントアンドクリックのシンプルさで環境全体をまとめて管理できるので、合理的です。

ステップ4:データの拡散を解消

必要なデータ容量が、クラウドに割り当てられた予算を超えていませんか? アクセス頻度の低いデータに、低コストで柔軟性に優れたペタバイト規模のクラウド ストレージを使用して階層化すれば、単一のファイルシステムに事実上無限にデータを格納できます。NetApp Cloud Tieringは、Simple Storage Service(S3)、Azure Blob、コールド ストレージなどのクラウド オブジェクト ストレージ リポジトリをサポートしています。

ステップ5:統合

マルチクラウドのファイルサービスが分散していたら、この機に統合しましょう。パフォーマンスへの影響は、もちろんありません。NetApp Cloud Volumes Edge Cacheを使用すると、生産性、効率性、コラボレーション、データ整合性が向上します。ストレージ容量を一元管理し、エンドユーザのアクセスを容易にし、データを素早くリカバリできます。

NetApp Cloud Volumes ONTAP®と連携させると、保護されたセキュアな統合ストレージ インスタンスを作成して、数百台の分散ファイルサーバから切り替えることができます。ローカルの管理者にとって、これは大いに時間の節約になります。Cloud Volumes Edge Cacheでは、グローバル ネームスペース、エッジ キャッシング、グローバル ファイル ロックも提供されるため、ユーザはどこからでも、ローカルの共有と同じように、一元化されたクラウド データストアにアクセスできます。データをすべて管理下に置いて保護し、最も効率的かつコスト効率に優れた方法でユーザに提供できます。

ステップ6:24時間運用を実現

重要なサービスを24時間実行できるようにするには、マルチクラウド環境全体を管理し、安全に保護しなければなりません。ネットアップはSaaSベースの監視ツール、NetApp Cloud Insightsで、インフラとアプリケーションを簡単に、完全可視化できるようにしています。Cloud Insightsを使うと、オンプレミスでもクラウドでも、テクノロジ スタック全体のすべてのリソースとアプリケーションを監視、トラブル シューティング、最適化することができます。すべての主要なサービスをエンドツーエンドで可視化し、効率よく運用するのに必要なフォレンジック データを得られます。

ステップ7:消費方法をシンプルに

ワークロードの動的な変化を必要とするマルチクラウド環境全体で、データ サービスのプロビジョニングと消費方法をシンプルにします。BlueXP Digital Walletを通じて柔軟に消費すれば、高額な初期コストを回避できます。小規模ワークロードの導入から始めて、最初にかかるコストを抑え、ワークロードの規模が拡大したら、それに応じてコストを増やすことができます。

ステップ8:標準化

最後に、導入環境は、合理的かつシンプルな方法で標準的な要件を満たさなければなりません。BlueXPのお客様に無償で提供されるNetApp AppTemplateサービスを利用すると、環境全体に標準的なリソースを導入できます。このサービスは、複雑な導入を自動化しつつ、リソースを自社の標準に準拠させたいと考えているお客様に、コードとしてのインフラ環境を提供します。

クラウドを進化させて複雑さを克服

ネットアップは変わりゆく時代に合わせて、より優れたハイブリッド マルチクラウド環境を提供しています。統合運用、組み込みの保護機能、環境に優しい自動化機能で、混乱に終止符を打ちましょう。ネットアップはいつでもお客様の味方です。

明るい緑色を背景に浮かぶオレンジ色の輪

コスト レジリエンスをクラウドに組み込む方法についての、最新の調査結果

想定外のクラウド コストを洗い出し、抑制して取り戻すために、組織では何が行われているかを、この調査レポートでご確認ください。

451 Researchのレポート『Optimized Cloud Storage Economics』の画像

どこから無駄を省けばよいかがわかります

クラウドは支出オーバーになりがちです。まず、問題があると認めることから始めましょう。この簡単なツールを使用すると、支出に問題があるかどうかを評価し、エグゼクティブレベルのレポートを入手して、わずか数分で、正しい方向に舵を切ることができます。

会議中の4人
緑色を背景にした2つの図形

変革を後押し

マルチクラウド環境を管理する準備はできていますか? まずはネットアップに相談しましょう。

Drift chat loading