メニュー

クラウド ストレージ

緑色の背景に多数の緑色の立方体
本書の内容

このページを共有

ネットアップのクラウド データ ストレージ

お客様がクラウドに関心があるかどうか、クラウドネイティブかどうか関わらず、ほとんどの企業では、クラウドへの大々的な移行が既に完了しているか、計画が進んでいるのが現状です。お客様も、そろそろクラウドに移行しませんか?データをクラウドに格納することには多くのメリットがありますが、細心の注意を払わないと、複雑さが増してデータの移動が困難になり、クラウド コストが管理不能な状態になりかねません。ネットアップは、ハイブリッド クラウドでもマルチクラウドでも、ご希望のクラウドとお客様のデータセンターにわたって、クラウド ストレージ サービスとエンタープライズクラスのデータ管理を提供します。ネットアップのベスト パートナーである大手クラウドのAWS、Microsoft Azure、Google Cloudは、それぞれのクラウド ストレージとデータ サービス戦略にネットアップ テクノロジを組み込んでいます。そのため、データがどこにあっても、クラウドを基盤に最適なデータ ファブリックを構築し、デジタル変革を成功させることができます。


クラウド ストレージを選ぶ理由

クラウドには多くの長所があります。オンプレミス インフラよりもメリットに優れていることが、現在企業のほとんどが、一部のデータをパブリック クラウドに移動している理由です。その中から、主なものをいくつか紹介します。

  • コストと設備投資の削減

  • データ モビリティの向上と場所を問わないアクセス性

  • ディザスタ リカバリとリスクの軽減

  • 動的な拡張性と高いパフォーマンス

  • 即応性と時間の短縮

エンタープライズクラスのデータ サービスとファイルサービスをクラウドで

今さら言うまでもありませんが、ビジネスにはデータが不可欠です。つまり、データをどのように格納、保護、使用するかが、デジタル変革の成否を決めるということです。ネットアップは、業界最大手のクラウド プロバイダとデータを主体に深くつながることで、データがどこにあっても、エンタープライズクラスのデータ サービスとファイルサービスによる一貫した方法で、データを一元的に管理できるようにします。

ネットアップのクラウド ストレージ タイプ別ソリューション

パブリック クラウド ストレージ

パブリック クラウド ストレージは、クラウド ベンダーが管理するサードパーティのデータセンターとサーバ リソースで構成されます。パブリック クラウド ストレージでは、データ用のストレージ容量のライセンスを簡単に取得し、クラウド ベンダーが管理する世界各地のサードパーティのデータセンターやサーバ リソースを使用して、好きな場所にデータを格納できます。今ではほとんどの企業が何らかのクラウド データ ストレージを導入して、パブリック クラウド ストレージならではのメリットである導入の容易さ、動的に拡張できる容量とパフォーマンス、柔軟なストレージ オプション、自動化、従量課金制を活用しています。

ネットアップのパブリック クラウド ソリューション

ネットアップのパブリック クラウド ストレージとデータ ソリューションは、代表的なクラウド プロバイダであるAWS、Microsoft Azure、Google Cloudとの緊密な連携から生まれました。ネットアップの製品スイートは、データ ストレージ、データ管理、データ保護に関する専門性を基に構築されており、どのクラウドを選択しても、エンタープライズクラスのストレージ機能とデータ管理機能を、データセンターとクラウドにわたって一貫して利用できます。

プライベート クラウド ストレージ

プライベート クラウド ストレージは、パブリック クラウドと同様の拡張性に優れたストレージ環境をデータセンターで実現します。プライベート クラウドは、パブリック クラウドの多くのメリットをもたらしますが、コスト上昇の恐れ、パフォーマンスの低下、データの格納場所を管理できないといった問題は発生しません。データのセキュリティ、コンプライアンス、規制に関して厳しい要件を抱えているなら、プライベート クラウドがおそらく最適な選択肢です。 

ネットアップのプライベート クラウド ソリューションで環境を完全に管理 

新しいアプリケーションをオンプレミスで効率的に開発しながら、既存のワークロードを最新の環境で実行できます。セキュリティと管理も強化されます。ITインフラを自動化してシンプルにしたり、クラウドネイティブの機能でクラウド環境を一から構築することができます。いずれの場合も、お客様が選択するのは、ビジネスに最適なインフラ ツールとプラットフォーム ツールです。ネットアップのプライベート クラウド ソリューションは、環境の規模に関わらず高いパフォーマンスを提供し、シンプルさと優れた運用効率をもたらします。

ハイブリッド クラウド ストレージ

ハイブリッド クラウド ストレージは、オンプレミス、プライベート クラウド、パブリック クラウドのリソースを自由に組み合わせて構成され、組み合わせ方でビジネスの即応性を高めます。データをすべてクラウドに配置する代わりに、ミッションクリティカルな従来型アプリケーションや、コンプライアンス規制の要件が厳しいデータを常時ローカルに置いて、いつでもアクセス可能な状態にすることができます。

ネットアップのハイブリッド クラウド ソリューションで、環境を1つに統合 

ハイブリッド クラウドはネットアップの得意分野のひとつです。オンプレミスでもクラウドでも、データを最も意味のある場所に配置しようとすると、複雑さが一気に増し、データの移動が困難になって、ITチームはイノベーションの追及ではなく、データの追跡に振り回される羽目になります。ネットアップは、データの自由な移動とインフラ統合を可能にする、使いやすいハイブリッド クラウドを構築することで、データがどこにあってもアクセスできる環境を実現します。データ中心のビジネスで、もう一度、競合企業よりも優位な位置に立ちましょう。 

ネットアップは、世界最大手のパブリック クラウド ストレージ プロバイダとお客様をつなぎます

ネットアップは、クラウド ソリューションの革新的リーダーです。それが、3大パブリック クラウド プロバイダのAWS、Microsoft Azure、Google Cloudがネットアップとの提携を続けている理由です。ネットアップのワールドクラスのストレージ ソリューションとデータ管理ソリューションは、クラウドに適切に組み込まれており、クラウド管理コンソールから直接利用できるエンタープライズクラスのデータ管理ソリューションで、クラウド環境全体を管理できます。ベンダー ロックインは一切ありません。

AWS

AWS

ネットアップのAWS向けソリューションを導入すると、エンタープライズクラスのAWSが、会社に実益をもたらすAWSへとすぐに変わります。必要な拡張性と即応性を得ながら、データセンターに求められるパフォーマンス レベル、データ保護、高可用性も確保できます。

Microsoft Azure

Microsoft Azure

ネットアップのMicrosoft Azure向けテクノロジは、散在するデータの管理という複雑さに対処します。ワールドクラスのデータ管理をシンプルに実現しつつ、必要なパフォーマンスを達成してクラウド コストを削減できます。扱いがどれほど困難なワークロードでも、想像以上にすばやく、かつ容易にクラウドへと移行できます。

Google Cloud

Google Cloud

デジタル変革への取り組みに必要な即応性、セキュリティ、拡張性を、Google Cloudですべて手にしましょう。重要なワークロードの管理を簡易化し、Googleの高度な分析機能を活用して、最も困難な課題に対応できます。

クラウド ストレージのユーザ事例

ネットアップには、お客様の夢のクラウドを、そのまま現実に変えてきた多数の実績があります。自己評価では終わりません。

Siemens Healthineers

医療とデータは密接に連携しています。Siemens Healthineersは、業務のあらゆる領域でデータ量の爆発的増大に見舞われていました。インフラも老朽化し、さまざまなチームからデータ アクセスの改善も求められ、すぐさまソリューションを導入しなければならない状態でした。そこで同社が選んだのがネットアップです。ネットアップは、クラウドファースト戦略の展開を支援し、複雑さを解消してイノベーションを促進するデータ サービスを実現しました。Siemens Healthineersは、データ階層化コストを最大50%削減することにも成功しました。

パブリック クラウド ストレージのメリット

  • コストの削減:(サードパーティの)ハードウェアを購入、保守する必要がないため、設備投資を削減できます。利用者同士でコストを分担する方式により、今より高パフォーマンスのストレージを導入できる場合もあります。優先度と使用頻度を基にデータを階層化することもできるため、優先度の低いデータ ストレージのコストを削減できます。  

  • データのモビリティとアクセス性が向上:クラウド ストレージでは、インターネット上のストレージ環境にWebブラウザを介して接続するので、いつでも、どのデバイスからでも、どこからでもアクセスできます。この方法により、地理的に分散したチームやユーザとも簡単に連携できます。 

  • ディザスタ リカバリとリスクの軽減:クラウド ストレージ サービスには通常、自動データ レプリケーションと冗長機能が含まれ、データを複数のハードウェアや場所に分散して格納する冗長構成により、自然災害やハードウェア障害などからデータを保護します。フェイルオーバー システムの導入場所やバックアップの保存先にクラウドを利用すると、オンプレミス システムが停止してもデータに引き続きアクセスできます。  

  • 拡張性:クラウド ストレージの容量は、アプリケーションのニーズに応じて動的に増減できます。また、一般に最大容量が大きいため、ほとんどのワークロードに対応できます。  

  • 即応性と時間の短縮:クラウド ストレージは、迅速かつ簡単にライセンスを取得して導入できます。導入は1時間未満で完了することがほとんどで、ハードウェアを調達するよりも大幅に時間を短縮できます。環境の保守と管理はクラウド プロバイダが担当するので、ストレージ コンテナを導入すために主だった技術的知識を身につける必要もありません。低速のFTPプロトコルやSFTPプロトコルとは異なり、ファイルをはるかに高速でアップロードできるので便利です。 

プライベート クラウド ストレージのメリット

  • クラウドと変わらないエクスペリエンス:プライベート クラウド ストレージは、パブリッククラウドと変わらない、拡張性に優れたストレージ環境をオンプレミスで実現します。パブリック クラウドのメリットも多数得られます。 

  • セキュリティと管理性の向上:プライベート クラウドは、社内のITチームが管理するデータセンターや制御された環境に導入されるため、より強力なセキュリティと管理を実現できます。コンプライアンスやデータ主権に関して、厳しい規制がある場合に有利なアプローチです。 

  • ビジネスに合わせて環境を調整:プライベート クラウド環境は、ビジネス ニーズに合わせてサイズ変更や調整を行うことができます。パブリック クラウドのデータセンターには、パフォーマンス低下やレイテンシの上昇が伴うことがありますが、プライベート クラウドなら、その振り幅を抑えられます。

クラウド ストレージに関するFAQ

クラウド ストレージとは何ですか?

パブリック クラウド ストレージは、クラウド コンピューティング モデルのひとつです。多数のユーザがストレージ容量をライセンスで購入し、クラウド ストレージ プロバイダが管理、運用、保守するストレージ インフラを備えたサーバに、データをリモートで格納します。さまざまなエンタープライズ ワークロードをサポートするために、AWS、Google、Microsoft、IBMなどの企業が、ビジネス向けストレージ サービスを提供しています。パブリック クラウド ストレージには、拡張性、即応性、データ アクセス性のほか、ストレージ インフラを所有して管理する必要がないというメリットがあります。 

プライベート クラウド ストレージでは、すべてのリソースが1つのビジネスやユーザに専用で割り当てられます。パブリック クラウドの多くのメリットに加え、オンプレミスのITインフラと同様の管理性とセキュリティも実現できます。セキュリティ要件やコンプライアンス要件が厳しい組織や、機密データが含まれるワークロードを実行している組織には、プライベート クラウド ストレージの方がお勧めです。プライベート クラウドは、自社のデータセンターでオンプレミスとして、またはサードパーティのクラウド プロバイダのインフラや、オフサイトのデータセンターのインフラでホストできます。 

クラウド ストレージの仕組みを教えてください。 

パブリック クラウド プロバイダのストレージ システムは、分散した多数のデータセンターやサーバで構成されています。ユーザは、このリソースをオンデマンドで、またはリザーブ容量としてリースします。サービスは通常、世界の複数の地域で提供されているので、ビジネスの拠点に近い地域を選択したり、規制や地理的な要件など、さまざまな要件に合わせて選択できます。ストレージ インフラの管理、運用、保守はストレージ プロバイダが担当し、ユーザがデータに確実にアクセスできるようにします。

クラウド ストレージ環境へは一般に、Webブラウザを介してインターネット上で接続します。そのため、ストレージのデータは、どこからでもアクセス、変更、保存することが可能です。ほとんどの場合、クラウド プロバイダからは、オブジェクト ストレージ、ブロック ストレージ、ファイルサービスなど、さまざまなストレージ オプションが提供されており、ほぼすべてのアプリケーションのニーズに対応できます。

クラウド ストレージの設定方法を教えてください。

まず、お客様の組織固有のニーズを満たすパブリック クラウド プロバイダを選択します。組織固有のニーズには、セキュリティ手法、信頼性やパフォーマンスのSLA 、クラウド サービス 、地域のリソースなどが含まれます。クラウド ストレージを設定するために、選択したクラウド プロバイダ(プロバイダ)に登録して管理コンソールにアクセスします。ストレージは、クラウド プロバイダのWebポータルやマーケットプレイスを通じて簡単に導入できます。大企業の場合、クラウド プロバイダから、企業のニーズに合わせた条件を調整できるエンタープライズ契約が提供される場合もあります。

クラウド ストレージの主なタイプを教えてください。

クラウドストレージには主に、パブリック クラウド、プライベート クラウド、ハイブリッド クラウドの3つのタイプがあります。クラウド データ ストレージ テクノロジには、オブジェクト ストレージ、ブロック ストレージ、ファイル ストレージまたはファイルサービスがあります。それぞれにメリットと最適なユースケースがあります。  

オブジェクト ストレージ 

オブジェクト ストレージ(オブジェクトベースのストレージ)では、データのひとつひとつがオブジェクトとして扱われます。非構造化データは、ファイル階層ではなく、メタデータベースのスキームを使用する別のストアに格納できます。データはそれぞれ、関連するメタデータと一意の識別子と一緒にストレージ プールを形成します。必要な場合は、この識別子によってオブジェクトを呼び出せます。     

ブロック ストレージ 

ブロック ストレージでは、抽象化によって、ファイルが個々のボリュームまたはデータ ブロックに分割されます。分割されたブロックは、それぞれ一意のアドレスを持つ別々のデータとして格納されます。この方法に、ファイル構造のストレージは必要ありません。ブロックは仮想ハード ドライブとして機能し、永続的ストレージとして機能する仮想マシンやインスタンスに接続できます。  

ファイル ストレージ 

ファイル ストレージやファイルサービスでは、データは1つの情報として扱われ、他のデータとまとめて整理するために、フォルダに配置されます。紙のファイルの保存方法を模したこのアプローチは、階層型ストレージと呼ばれます。データにアクセスするには、コンピュータ システムに、データの場所にたどり着くためのパスを教える必要があります。

クラウド ストレージを使用する必要があるのは、なぜですか? 

パブリックでもプライベートでも、クラウド ストレージを使用すると、コストの削減、拡張性、データの可用性、パフォーマンスと信頼性の向上など、多くのメリットが得られます。 

Drift chat loading