メニュー

分散型ストレージ:NetApp Cloud Volume Edge Cacheでひとつ上のレベルへ

NetApp® Cloud Volume Edge Cacheで組織をレベルアップしませんか?セキュアなパブリック クラウド インフラを活用して、エンド ユーザの効率性確保をできます。

グローバル エンタープライズ ファイルシステムを選ぶ理由

NetApp Cloud Volume Edge Cacheは、分散したエンタープライズ環境にビジネス継続性とデータ保護を提供します。組織のストレージ全体を一元管理することで、エンド ユーザはストレージに簡単にアクセスでき、また、迅速なリカバリが実現します。IT担当者は、最も効率的でコスト効果の高い方法でデータを管理、保護し、ユーザに提供できているという安心感を得ることができます。

分散型ストレージの課題

非構造化データの急増と、これらのデータセットを一元管理できないことは、今日のITチームが直面している最大の問題の1つです。ほとんどの組織で、非構造化データはデータ アイランドと呼ばれる複数の場所に分散しており、その管理は困難を極めています。その結果、環境がますます複雑化し、ITチームが管理するにもコストがかかるようになっています。この複雑さにより、企業はコンプライアンス規制への準拠、監査の効率的な実施、データ損失のリスク、情報漏えいの可能性について懸念しています。

日常的なレイテンシの問題
コストと時間を削減

データをパブリック クラウドに統合して一元管理できます。また、エンタープライズクラスのストレージ ソリューションの拡張性とパフォーマンスを活用できます。

ビジネスの継続性を維持

一元的な制御により、管理、計画、対策が容易になり、分散型ストレージが引き起こす混乱を回避できます。

データを保護

データの安全性を簡単に確保できるよう、Cloud Volume Edge Cacheのお客様はクラウドへのバックアップを無制限でご利用いただけます。

いつでも正しいバージョンにアクセス

冗長な作業はプロジェクト タイムラインの遅れにつながります。Cloud Volume Edge Cacheを使用すると、すべてのユーザがグローバル ネームスペース内の同じデータセットで作業できます。

ITチームへの賞賛

監視機能とアラート機能でインフラを常に把握できるため、ユーザの作業が中断されることはありません。

効率的なコラボレーション

一元化されたストレージとグローバル ファイル ロック機能を活用することで、エンド ユーザは、苦労して作ったファイルを誰かが上書きしてしまうことなく、大容量ファイルでの共同作業にも安心して参加できます。

お客様からの声

IT専門家としての私の仕事は、エンドユーザーの生産性を維持することが第一です。Cloud Volumes Edge Cacheがサポートしてくれます。

オフィスビルの鏡像

NetApp Cloud Volumes Edge Cacheソフトウェアを使ってデータをまとめることで、ユーザはどこにいても大規模なプロジェクト ファイルを同時に使うことができます。また、ディザスタ リカバリの際には、きわめて短時間で業務に戻ることができます。

ロンドン市セントポール大聖堂

我が社のCEOには、今後数年で国内はもちろん海外にもビジネスを拡大するというビジョンがあります。どこからでもパフォーマンスを気にせずファイルにアクセスできるようになった今、反対する理由はどこにもありません。

携帯デバイスを持っている医師

BlueXPでハイブリッド マルチクラウド管理の統合を実現

BlueXPは、オンプレミス環境とクラウド環境にわたるストレージとデータ サービスを、1つのインターフェイスで管理します。わかりやすいUI、AIOpsを活用した分析情報と自動化、柔軟な消費パラメータ、統合された保護機能により、今日のハイブリッド マルチクラウド環境に求められるシンプルな運用とセキュリティを実現します。

Omdia Universe

新しいレポート:ハイブリッド マルチクラウドの最終候補にBlueXPを含めよ

BlueXPは、あらゆる点でアナリストを驚かせています。リサーチ分野のグローバル リーダーであるOmdiaが包括的なレポートを発表し、NetAppは新たなスターであると評価しました。

浮かんでいる紫と白のボール

クラウドのイノベーションを活用

世界中で数十年の実績を誇るテクノロジで、クラウドを始めてみませんか?

Drift chat loading