メニュー

Oracle on AWSを最大限に活用 

AWSとOracleの移行およびデータベース管理戦略

思いもよらないスピードで、最も複雑なOracleデータベースを確実にAWSに移行します。データベース ワークロードを移行、最適化、保護して、ハイブリッド クラウドのメリットを享受できます。

漫画のヒーロー

移行を容易に

OracleデータベースをAWSにリフト アンド シフトしながら、オンプレミス インスタンスの機能や性能をすべて利用できます。既存のアプリケーション コンポーネントのリファクタリングや変更の必要性を低減します。ネットアップは、ティア1ワークロードの移行を迅速に行います。

管理と最適化を自動化

統合データ管理でハイブリッド クラウドのパフォーマンスとスケーラビリティを最適化します。エンタープライズクラスのOracleアプリケーションを構築し、ストレージ容量やパフォーマンスを自動拡張します。料金は使用した分だけ請求されるため、TCOを最大70%削減します。

効率的で効果的なディザスタ リカバリ

Oracleデータベースには、ダウンタイムを回避するために高可用性が必要です。複数の障害に対応したアベイラビリティゾーンに本番データベースをレプリケートして、ディザスタ リカバリを強化します。バックアップの所要時間を数時間から数分に短縮します。

重要なOracleワークロードを移行してクラウドの柔軟性を向上

セルフマネージド ストレージ ソリューションであるCloud Volumes ONTAPや、フルマネージドでネイティブなAWSファイルサービスであるAmazon FSx for NetApp ONTAPを活用し、AWS上にOracleを導入できます。

この包括的なデータ管理ソリューションで、Oracleをより効率的に運用

Cloud Volumes ONTAPデータ管理ソフトウェアは、Oracleアプリケーションの制御、効率化、保護を実現します。ストレージの効率化とS3オブジェクト ストレージへのコールド データの階層化により、Amazon EBSよりも高いIOPSを、70%低いストレージ コストで実現します。

AWSが、クラウド インフラを設定、管理してくれます

このフルマネージド クラウド サービスは、お客様のOracleデータベース環境にハイパフォーマンス、可用性、保護を提供します。アプリケーションの要件に合わせてパフォーマン スレベルを選択し、SLAを保証します。

オフィスで談話する二人

Home Advisorのロゴ

ネットアップのプラットフォームがもたらす安定性により、環境のクラウド化業務に注力することができます。それこそがネットアップとパートナーシップを結ぶ理由です。

Colin Mariner氏, データ センター オペレーションVP, HomeAdvisor

木のかけらを測定する人
青い背景に紫の波線
ライトピンクの背景にある球

Oracle on AWSスペシャリストとのミーティング

大規模なOracleデータベースの管理は複雑です。一人で抱え込まないでください。ネットアップは、お客様のOracleインフラのニーズを満たすために必要な専門知識とサービスを提供します。Oracle on AWSのユースケースやお客様の目標について、スペシャリストにご相談ください。