メニュー

ハイブリッド クラウドでノンストップのイノベーションを実現

ネットアップのポートフォリオに関する発表

ハイブリッド クラウドでノンストップのイノベーションを実現Heroイメージ
一覧

このページを共有

Anthony Lye
Anthony Lye
80

約10年の歳月をかけて築き上げられ、また30年にわたるデータの専門知識に裏付けられた、ネットアップのハイブリッド クラウドへの取り組みは、戦略的買収、革新的なソリューション、シンプルな管理、柔軟な消費モデルをベースにしています。スペシャリスト チームや信頼できるパートナーの協力を得て、デジタル変革のあらゆる段階で、お客様を支援します。ネットアップは、アプリケーションがクラウドやオンプレミス、あるいはデータ保護のためにその両方に存在していても、両方の長所を最大限に引き出すことができます。

クラウドの採用が拡大

クラウドの採用が急速にするなか、世界中の組織が、無数のビジネス課題を解決するためにクラウドの活用を検討しています。また、COVID-19の流行により、企業は効率性の向上と顧客体験の改善の両方を求めて、デジタル トランスフォーメーションを加速させるようになりました。2020年6月のグローバルな調査では、企業の97%が、デジタル変革を加速させていると報告してますhttps://www.statista.com/statistics/1200465/covid-digital-transformation-global/

これは、かつてないほど多くのデータがクラウドに移行し、クラウド上で生成されていることを意味しています。Sanitahttps://www.statista.com/statistics/1062879/worldwide-cloud-storage-of-corporate-data/によると、2015年の30%に対し、現在は企業データの50%がクラウドに保存されています。

このような成長には、それぞれ課題が伴います。お客様からは、SAPのようなアプリケーションや、OracleやSQL-Serverのような複雑なデータベースを、より簡単にクラウドに移行するためのサポートを求められます。お客様は、オンプレミス以上のレイテンシ、パフォーマンス、セキュリティ、信頼性を必要としています。また、増大するクラウドのコストを管理し、脆弱性を監視する方法も必要です。

ネットアップはイノベーションを続け、お客様の声に耳を傾けています。

クラウドのすべてのお客様にサービスを提供

ネットアップは、あらゆる主要パブリック クラウド プロバイダと提携しており、どのクラウドを選択しても、ネットアップのストレージに関する専門知識と経験を利用できます。

ネットアップはこのパートナーシップをさらに強化し、クラウド プロバイダと直接サービスを共同開発して、お客様がクラウド プロバイダから直接購入できるようにしています。これにより、購入、請求、運用、サポートが簡素化され、追加契約の必要性がなくなり、お客様は付加価値の向上に専念することができます。

ネットアップは先日、AWS管理コンソール、API、CLIから直接ONTAPのすべての機能を提供するフルマネージド サービスである、Amazon FSx on NetApp ONTAPを発表しました。Amazon FSx on NetApp ONTAPは、NetApp Cloud Insightsダッシュボードとの統合、Spotでの最適化、NetApp Cloud Managerとの併用が容易で、完全なコントロールと柔軟性を実現します。

そしてネットアップは、Google Cloudのお客様向けに、新しい統合ソリューションを発表しました。Google Cloud VMware Engine with Cloud Volumes Serviceは、VMwareベースのアプリケーション ベースのアプリケーションをご利用のお客様が、アプリ、ツール、プロセスを変更することなく、Google Cloudに移行できるフルマネージド サービスです。このサービスは、Google Cloudが販売、請求、サポートを行い、ネットアップが運営しています。

その始まりは、Microsoftと一緒にONTAPを再構築し、ビジネス クリティカルなワークロードに高いパフォーマンスと高い信頼性を必要とする、Microsoft Azureのお客様向けに、フルマネージドの共有ファイル ストレージ サービスであるAzure NetApp Filesを発表したことでした。以来、隔週で新しいリージョンにサービスを拡大し、新機能を追加し続けており、これまでで最も急速に成長しているAzureサービスの1つとなっています。

Microsoftは、Azure NetApp Filesバックアップおよびリージョン間レプリケーションと併せて、Azure NetApp Filesの完全に非管理型の一般的な可用性を発表しました。どちらの機能も、ダウンタイムを許容できないお客様のデータ保護を強化するもので、完全なマネージド サービスとして提供されます。

Spotをさらに拡張

Spot by NetAppは、短時間で拡張できるポートフォリオです。パブリック クラウドのアプリケーション向けにクラウド インフラを運用し、最適化するのに役立ちます。

今回ご紹介するSpot Securityは、セキュリティとコンプライアンスの両面から、お客様のクラウド インフラを360度見渡せるサービスです。この新しいサービスでは、お客様がサービス範囲を定義し、簡単に定義されたサービス マップを提供することで、優先順位の高い脅威が一目で確認でき、最も重要なセキュリティの問題を理解してすぐに対処できます。

新しいデスクトップ サービスであるSpot PCは、一般提供が開始されたばかりです。必要な管理体制を維持しながら、リモートワークを可能にすることで苦労している企業に、シンプルさ、セキュリティ、単一の価格帯を提供する、この人気が高まっているサービスを、より多くの企業が利用できるようになりました。一番の利点は、Spot PCが非常に手頃な価格であることです。競合他社の製品と比べて50%も手頃であり、DIYで作る場合よりもさらに手頃で、しかもリスクはありません。

ネットアップはSpot CloudOpsポートフォリオへの投資を継続しており、インテリジェントなトラフィック フローやMicrosoft AzureへのステートフルなElastigroupの拡張などの機能を追加しています。また、Kubernetesクラスタの効率性に関するインサイトを提供するOcean Insightsを開発して、パフォーマンスとコストの最適化を特定しています。

Spot EcoとCloudCheckrの買収計画により、継続的な最適化に加え、重要なセキュリティとガバナンスの機能を備えたFinOpsポートフォリオを拡大していきます。また、パートナーの皆様には、お客様のためにFinOpsとSecOpsのソリューションを運用していただけるようになります。

ハイブリッド クラウド データを1つの画面でシンプルに表示

NetApp Cloud Managerは、ハイブリッド クラウド環境でデータ ファブリックを管理、監視、開発、自動化する単一のキャンバスを提供します。複数のクラウド プロバイダ、オンプレミスのデータ、複数のアカウントなど、どんなに複雑な環境であっても、Cloud Managerは使いやすいGUI、CLI、APIでシンプルに管理し、複雑さとコストの削減に貢献します。

今回、Cloud BackupとCloud Data Senseの統合が改善され、ダークサイト、Kubernetesのバックアップとリストアの機能が向上しました。また、Active IQをCloud Managerに完全に統合し、推奨事項を簡単に確認、実行できるようになりました。これにより、ハイブリッド クラウドのお客様へのサポートが強化され、オンプレミスのお客様がクラウド サービスをよりよく理解し、利用できるようになりました。

Cloud Volumes ONTAP向けアプリケーション テンプレートなどの新しいサービスを開発し、一般的な導入を簡易化、自動化し、ドリフトを管理できるようにしました。また、柔軟なライセンス機能を備えた、便利なデジタル ウォレットをご用意しました。

クラウドでもオンプレミスでも、あるいはその両方でも、ネットアップはお客様の全方位でサポートします。

パブリック クラウド サービスに対するエンドユーザーの支出は、今年末までに3,960億ドル、来年には21.7%増の4,820億ドルになると予測されていますhttps://www.gartner.com/en/newsroom/press-releases/2021-08-02-gartner-says-four-trends-are-shaping-the-future-of-public-cloud。クラウドへの移行とクラウドの構築が今後も加速していくことは明らかです。そのためには、信頼できるパートナーにデータの最適化を支援してもらうことが、これまで以上に重要になります。ネットアップは、30年にわたる経験と革新的な技術を持ち、あらゆる主要クラウド プロバイダと提携して、お客様が必要な場所にアクセスできるようサポートしています。ネットアップは、最も複雑なプロセスをスピードアップして簡易化し、お客様がコストとリスクを同時にコントロールできるよう、大きな進化を続けています。ネットアップは使命を果たし続けているのです。「より低コストで、さらにクラウドを活用する」という使命です。

詳細についてはこちらより、最新イノベーションをご覧ください。

Anthony Lye

Anthony Lye の投稿をすべて表示

次のステップ