ネットアップのバーチャル ストレージ ティア

圧倒的なパフォーマンスをもたらすNetAppのフラッシュソリューションはこちら PDFで入手可能です。

NetAppバーチャル ストレージ ティアを利用すると、ストレージ効率を最高水準に高めながらパフォーマンスと容量を拡張できます。

ネットアップのバーチャル ストレージ ティア(VST)は、データ主体の自己管理型サービス レイヤをストレージ インフラに提供します。 VSTは、データの優先度をワークロードに基づいてリアルタイムで判断し、コストやパフォーマンスに応じてI/Oデータ要求を最適化します。複雑なデータ分類は一切不要です。 デフォルト設定では、データは最もコストの低い物理ストレージ(通常は大容量のSATA)に格納されます。VSTでは、インテリジェントなキャッシング機能でフラッシュベースのテクノロジが活用されるため、I/OやCPUのオーバーヘッドを最小限に抑えることができます。 データは、実際のアクセス パターンを基にオンデマンドで昇格されるため、ワークロードの要求の変化にも即座に対応できます。

ネットアップのストレージ自動階層化(AST)アプローチであるVSTは、SANとNASどちらの環境とも完全な互換性があり、関連するデータ保護要件やビジネス継続性要件にも対応します。

ネットアップならではの優れたStorage Efficiencyテクノロジとインテリジェントなキャッシング機能が実現するバーチャル ストレージ ティアは、次のようなメリットをもたらします。

  • データ主体のリアルタイムの応答で、きわめて負荷の高いアプリケーションのワークロードにも対応
  • フラッシュ テクノロジを完全に統合(PCIeベースのフラッシュとソリッドステート ディスク[SSD]の両方)
  • 重複排除機能とシン クローニングの統合により、業界最高レベルの効率性を達成
  • 複雑な設定は不要で即座の運用が可能

詳しくは、NetAppバーチャル ストレージ ティアのデータシートをご覧ください。