ソフトウェア開発環境における異機種混在クライアントのサポート

異機種混在環境における複雑さやデータのボトルネックを解消すれば、さらなるコラボレーションを推進できます。すべての開発者が利用できるマルチプロトコル環境を構築してください。

ソフトウェア構成管理(SCM)システムが通常、UNIX® または Linux® サーバ上で動作しているのに対し、開発者は多様なデスクトッププラットフォームを使用しているのが普通です。また、ソフトウェアをさまざまなオペレーティング環境で構築、テストする必要がある場合も、UNIX、Windows®、Linux クライアントの同時サポートが求められます。

多様なクライアントプラットフォームをサポートするために、SAMBA、NFS Maestro、PC-NFS などのプロトコルエミュレーション製品を使用することもできますが、その場合、環境がさらに複雑になり、保守費用が増大します。またデータパスに別のソフトウェアのレイヤを導入した結果、これらのエミュレーション製品によってパフォーマンスが大幅に悪化し、重要なデータ転送が低速化して、開発者の生産性を損なうことがあります。

NetApp® のユニファイドストレージは、複雑な異機種混在環境をシンプルにします。NetApp システムは、他のストレージシステムと異なり、一般的なすべての NAS と SAN プロトコルを単一のプラットフォームでサポートできるので、すべてのクライアントからストレージに直接アクセスできます。Windows ネットワーククライアントが CIFS を使用してネットワークストレージにアクセス するのに対し、Linux/UNIX クライアントは NFS を使用して同じファイルにアクセスします。SAMBA や PC-NFS のようなエミュレーション製品を使用せずに多様なプラットフォームでネットワークファイルを共有できるので、クライアントシステムの管理がシンプルになり、パフォーマンスが改善されます。

同じストレージシステムが、NAS プロトコルに加えて Fibre Channel や iSCSI SAN もサポートするので、環境全体がシンプルで高速になります。たとえば、SCM システムから SAN を使用してアクセス可能な I/O 集約型のメタデータ(データベース)も、CIFS と NFS によってアクセス可能なボリュームに格納されたデータリポジトリ(バージョン、アーカイブ、ソースファイル)とユーザワークスペースも、すべて同じストレージシステムに置くことができます。NetApp ストレージは柔軟性に優れているので、導入した各システムをより有効に活用できます。

NetApp ユニファイドストレージは、異機種混在環境の複雑さとデータボトルネックを緩和することによって、開発者間のコラボレーションを改善するとともに、複数の異なるストレージ環境の維持に伴う資本と管理費用を節約できます。