ユニファイド・ストレージ・システムの導入数が 150,000 に達しました!

当社がユニファイド・ストレージ・システムを発表したのは 10 年ほど前です。長年にわたる革新技術に対する当社のリーダーシップと確固たるコミットメントにより、プロトコルやディスクだけでなく、ストレージの効率性、プロセス、データ管理、データ保護の面でも統合が可能になりました。

NetApp が手掛けた仮想化のうち 75% 近くがユニファイドシステムを採用していますが、これは至極当然のことです。共有インフラへの移行を成功させる鍵は、さまざまなアプリケーション階層と関わるストレージの「サイロ」を排除できる共有セキュア・ネットワーク・ストレージ・インフラにあるからです。ユニファイド・ストレージ・アーキテクチャに備わっている効率性は、データセンターの電力消費量や冷却関連コスト、スペースの節約にもつながります。

仮想化と統合化によるデータセンターの変革や IT 部門の効率向上を実現させるうえで、ユニファイドシステムにおける当社の革新技術がなぜ鍵となる理由をご紹介します。

一元管理によるストレージの可視化: ユニファイド・ストレージ・アーキテクチャへの第一歩

ユニファイドストレージは、管理・運用体系が統一されているため、シンプルな運用を実現する優れたテクノロジです。しかし、旧来のストレージシステムは、どのように管理していけばいいのでしょうか。リアルタイムのデータと将来の予測データの両方を表示する統合管理コンソールを使用すれば、既存のアプリケーションをより簡単に移行できます。

ユニファイドストレージ環境のシンプルなプロビジョニング

考え方をオンデマンドに切り替えましょう。ストレージプロビジョニングをポリシーベースで自動化すれば、必要なサービスレベルに従って、ビジネスアプリケーション、データベース、デジタル・メディア・コンテンツ、またはファイルサービスを適切なサイズにプロビジョニングできます。

ホームディレクトリの効果的な実装

NetApp V3100 シリーズのオープン・ストレージ・コントローラを使用して、データ管理およびストレージの効率性を向上させながら、マルチプロトコルやマルチベンダのストレージ環境に対応できます。

ソフトウェア開発環境における異機種混在クライアントのサポート

異機種混在環境における複雑さやデータのボトルネックを解消すれば、さらなるコラボレーションを推進できます。すべての開発者が利用できるマルチプロトコル環境を構築してください。