NetApp ストレージの仮想化

ダイナミックなエンタープライズ環境を実現

データセンターの仮想化が進み、効果的なアプリケーションプロビジョニング、ビジネス継続性、リソース統合などに貢献するテクノロジが注目されています。ストレージを仮想化すると、データが物理的に格納されている場所や格納方法とは関係なく、データを操作できるようになるため、資産の利用率の向上、アプリケーションリカバリの高速化が計れ、設置面積、電力、冷却の低減が実現されます。ただし、このテクノロジでこのような特長を実現できるかどうかは、ストレージ仮想化ソリューションの完成度に加えて、中核的なデータ管理アーキテクチャと統合されている度合いによって決まります。

ソリューション
NetApp の Data ONTAP ソフトウェア環境は、エンタープライズデータ管理を簡易化すると同時に、TCO を大幅に削減する仮想化テクノロジを組み込んでいます。Data ONTAP は物理的なストレージインフラの制約を受けずにデータを論理的に表現できるため、ユーザはハードウェアの複雑性ではなく、重要なビジネスアプリケーションに意識を集中できます。NetApp は、ストレージ階層のあらゆるレベルで仮想化機能を提供しており、この機能はすべての NetApp ストレージプラットフォームに組み込まれています。