ネットアップは現在、clustered Data ONTAP、OnCommand管理ソフトウェア、FlexArrayソフトウェアを搭載した、Software-Defined Storageを提供しています。

Software-Defined Storage(SDS)は、Software-Defined Data Center(SDDC)の一部であり、サービスをアプリケーション所有者に対してスピーディに提供するために設計されたものです。そのアーキテクチャとテクノロジは、近年ますます進化しています。SDSは、SANとNAS双方の環境の運用効率と可用性を高め、コストを削減します。

SDSは、サーバ仮想化のアプローチをストレージの運用に採り入れたものです。つまり、特定のデータを特定のハードウェアに格納しなければならない、という物理的な制約がありません。NetApp® clustered Data ONTAP® Storage Virtual Machineは、以下を実現します。

  • ITインフラ部門の即応性を向上
  • アプリケーション所有者自身による管理が可能
  • ビジネス上の意思決定が柔軟に行える

ネットアップが提供するSDSは、clustered Data ONTAPソフトウェアをはじめ、業界で最も包括的なアプリケーション統合機能、プログラム可能なAPIを搭載しているため、ワークフローをシームレスに自動化できます。ネットアップの製品には、SDS機能が組み込まれており、購入後に管理ソフトウェアを別途追加していただく必要はありません。ネットアップは以下のアプローチでSDSを実現しています

  • アプリケーション所有者自身が管理を行えるため、ストレージ サービス、アプリケーション、ワークフローへの高速アクセスが可能に
  • ストレージ サーバの完全仮想化により、サービスレベルに基づいてリソースを動的にプロビジョニング可能
  • 多種多様なマルチベンダー ハードウェアとクラウド サービス プロバイダに対応し、柔軟性に優れたプラットフォームを実現

ネットアップは、以下の製品を通じてSoftware-Defined Storageのメリットを提供しています。