VMware でのサーバ仮想化

VMwareのデータセンター仮想化を補完するネットアップのストレージ ソリューションは、システム停止不要で拡張性に優れた、エンタープライズクラスのフラッシュ ソリューションです。

VMware®の仮想化ソリューションを基盤に効率的なデータセンターを構築すると、ITの効率が高まり、IT投資効果を最大限に引き出して競争力を強化できます。ネットアップのフラッシュ製品のラインナップはVMwareのテクノロジを補完し、vSphere™や他のVMwareソリューションと統合されたシンプルなデータ管理プラットフォームを提供します。  

このソリューションを利用すると、仮想データセンターをサーバ、ネットワーク、ストレージのリソース プールへと変換させることができます。汎用サーバーでのSoftware-Defined Storageとして導入可能です。また、ネットアップのプラグインを使用することによって、vSphere環境のストレージの管理、監視、プロビジョニングをvCenterから直接行うことができます。  

ネットアップのソリューションは、ストレージ関連タスクの多くを自動化し、データセンター ストレージ システムの管理の複雑さを解消します。仮想インフラ管理者は、Software-Defined Data Centerとして環境のオーケストレーションが可能です。

vSphere環境にネットアップのデータ管理ソリューションを使用すると、以下を実現できます。

  • 瞬時のバックアップとリカバリ
  • 手間のかかるデータ管理作業の自動化
  • VMに匹敵する速度でストレージをプロビジョニング
  • プライマリ、バックアップ、ディザスタ リカバリ(災害復旧)、アーカイブの各ストレージでデータを重複排除
  • インライン データ圧縮テクノロジで経済性を向上
  • それぞれの仮想マシンに、予測可能なスケールアウト ストレージ パフォーマンスを提供 

ネットアップのパフォーマンス3倍向上保証キャンペーンの詳細については、こちらをご覧ください。