Microsoftサーバ仮想化ソリューション

だれでも使える!「Windows Server のためのストレージ活用ガイド」はこちら PDFで入手可能です。

Microsoftサーバ仮想化ソリューションを利用すれば、ITインフラの効率を極限まで高めて、データセンターを柔軟で拡張性に優れた、競争力のある資産に変えることができます。

Windows Server® 2008 R2とHyper-V™がサーバの効率を高めるように、ストレージの効率を高める唯一のストレージ ソリューションでMicrosoft®仮想化インフラの可能性をフルに引き出してみてはいかがでしょう。

ネットアップ ソリューションは、ストレージ環境を仮想化し、ハードウェアを統合することによってHyper-Vを補完し、ストレージ容量、消費電力、冷却コスト、設置面積を50%も削減します。この効率に優れたソリューションには、オーバーヘッドを低く抑えてストレージをほぼ瞬時にクローニングし、高速プロビジョニングを実現するという特徴のほかに、合理的な自動バックアップ、リカバリ、ディザスタ リカバリ(災害復旧)機能も備わっています。

詳細については、『Microsoft仮想環境向けNetAppソリューション』データシート(PDF)をご覧ください。このデータシートでは、ネットアップがMicrosoftの2009年パートナー オブ ザ イヤーのストレージ ソリューション部門優秀パートナーに選ばれた理由も紹介しています。


ネットアップの50%削減保証プログラム:仮想環境で使用するストレージ容量の50%削減を お客様に保証しています。

Storage Efficiency試算ツールで、お使いのストレージの削減効果をご確認ください。