Microsoftサーバ仮想化ソリューション

ネットアップのストレージ ソリューションは、Microsoftの仮想化インフラを最適化し、データセンターの効率性を高めます。

Logo
Logo

Microsoft®サーバ仮想化ソリューションを利用すれば、ITインフラの効率を極限まで高めて、データセンターを柔軟で拡張性に優れた、競争力のある資産に変えることができます。 NetApp® OnCommand® Shift(MAT4Shiftの発展形)を使用すると、あらゆるサイズのESX VMを数分でHyper-V VMに変換できるため、仮想化のコストを削減できます。

ネットアップ ソリューションはHyper-Vを補完して、ストレージの仮想化とハードウェアの統合を実現し、データセンターの設置面積を削減します。 お客様には、仮想環境のストレージ使用量を50%削減できることを保証*しています。

ネットアップは、シンプルなファイルサービス、効率のよいVDI PDF、瞬時のバックアップ、低オーバーヘッドのストレージ、VMのクローニングを提供し、プロビジョニング時間の短縮とストレージの削減を実現します。 合理的な自動バックアップ / リカバリのほか、Azure Site Recovery SANレプリケーションによるAzureと連携したHyper-Vディザスタ リカバリのメリットも得られます。

clustered Data ONTAP®ソフトウェアとWindows Server 2012 R2を併用し、SMB 3.0をサポートすることで、管理の容易なNASストレージを実現し、ODX PDFのサポートにより、超高速なクロスプロトコル ファイル転送を実現します。 このようにネットアップとMicrosoftソフトウェアを組み合わせれば、ノンストップ オペレーション、実証済みの効率性、シームレスな拡張性が実現します。