Microsoftサーバ仮想化ソリューション

だれでも使える!「Windows Server のためのストレージ活用ガイド」はこちら PDFで入手可能です。

ネットアップのストレージ ソリューションは、Microsoftの仮想化インフラを最適化し、データセンターの効率性を高めます。

Microsoft®のサーバ仮想化ソリューションを利用すれば、ITインフラの効率を極限まで高めて、データセンターを柔軟で拡張性に優れた、競争力のある資産に変えることができます。 ネットアップは、Microsoftの2013年Server Platform Partner of the Year2012年Private Cloud Partner of the Yearに選出されています。Microsoftクラウド ソリューションの基盤となる、Windows Server® Hyper-V®向けに緊密な統合とサポートを提供していることを評価されての受賞です。

ネットアップ ソリューションはHyper-Vを補完して、ストレージの仮想化とハードウェアの統合を実現し、データセンターの設置面積を削減します。 ご利用いただくお客様には、仮想環境のストレージ使用量を50%削減*できることを保証しています。

シンプルなファイルサービス、効果的なVDI、低オーバーヘッドでほぼ瞬時に実行できるストレージとVMのクローニングを提供し、プロビジョニングにかかる時間を短縮します。 お客様は、合理化、自動化されたバックアップとリカバリ、ディザスタ リカバリ(災害復旧)のメリットをご活用いただけます。

clustered Data ONTAP®ソフトウェアとWindows Server 2012 R2を併用することで、SMB 3.0のサポートにより管理の容易なNASストレージを実現し、ODXのサポートにより、超高速なクロスプロトコル ファイル転送を実現します。 このようにネットアップとMicrosoftソフトウェアを組み合わせれば、ノンストップ オペレーション、実証済みの効率性、シームレスな拡張性が実現されます。