NetApp 仮想インフラ環境向けストレージ容量削減* キャンペーン

お客様の仮想化環境ではどのくらいのデータを保存する必要がありますか? NetApp® ソリューションをご利用いただくと、NetAppが独自で推定した他社製ストレージで構築した場合と比較して、そのストレージ容量を50% 削減します。ストレージ使用量を削減するとともに、柔軟性の高い仮想化環境を構築することが可能です。

新規!プログラムオプション

NetApp 仮想インフラ環境向けストレージ容量削減* キャンペーンを使用して、EMC、HP、または HDS 製のシステムを最大限に活用してください。異機種混在環境を一元管理するストレージ仮想化専用システム「NetApp V シリーズ」を使用することにより、重複排除機能を利用して既存のデータを 35% 以上削減できます。

仮想インフラ環境向けストレージ容量削減キャンペーンを使用して容量の節約を実現する方法には、次の選択肢があります

  • NetApp ストレージ - 従来型のストレージと比較してストレージ使用量を 50% 以上削減
  • NetApp 以外のストレージ - 重複排除機能を備えた NetApp V シリーズを使用して、データを 35% 以上削減

Citrix Microsoft 、および VMware の各環境向けの NetApp 独自の効率化テクノロジを使用すると、ストレージの利用率を大幅に向上させることができます。プログラムを適用するためには、 Citrix Microsoft および VMware の各環境向けのテクニカルレポートで説明されているベストプラクティスに従う必要があります。ベストプラクティスは、NetApp プロフェッショナルサービスが実装します。

また、次の NetApp の機能が必要になります。

  • 重複排除機能
  • RAID-DP® **
  • シンプロビジョニング
  • NetApp Snapshot™

上記の条件に従うと、仮想環境におけるストレージ容量が削減されます。削減されない場合は、NetApp の専門家がお客様の要件を確認し、改善を提案いたします。NetApp の専門家による分析後でも、NetApp ストレージで 50% のストレージ容量の削減、または、NetApp V シリーズを使用する NetApp 以外のストレージで 35% のデータ削減を実現できない場合には、追加料金なしで不足分の追加容量を提供します。

ストレージをどの程度節約できるかは、 storage efficiency calculator で計算することができます。

キャンペーン・プログラムの詳細に関するお問い合わせは、 こちら まで。

*当該保証内容および関連プログラム(以下「Program」)は、『Program Guide』、および「Acknowledgement For 50% Virtualization Guarantee Program」または「the 35% Deduplication Virtualization Program」の『Acknowledgement』における規定条件にのみ適用され、Program の発効日以降に行われる発注についてのみ有効です。Program の利用者は、『Program Guide』の諸条項、および『Program Guide』に記載された参照文献内で示されるすべの指示ならびに仕様に従う必要があります。NetApp は当該保証および関連する Program の規定に従い、追加のストレージ容量を提供します。当該保証および関連する Program の規定に従った追加ストレージ容量の提供が、当該保証および関連する Program の条件に関し、NetApp の唯一かつ排他的な責任、および利用者の唯一かつ排他的な救済となります。

**V シリーズの保証に RAID-DP は不要です。