ネットアップのVMware vCloud Director向けソリューション

NetApp®のソリューションと実績をご活用いただくと、サービスプロバイダは、コストと複雑さの削減を目的に設計されたプラットフォーム上にVMware® vCloud Directorを迅速に導入できます。

ネットアップのソリューションは、vCenter™管理プラットフォーム、業界をリードするその他のインフラ管理ツールやオーケストレーション・ツールと緊密に統合されているため、プロバイダvDCや基盤となるvSphere™リソースを単一のコンソールから自動的にプロビジョニングできます。また、vDCやvAppに対するネットアップのストレージリソースをvCenter内から動的に拡張することもできます。統合的にプロビジョニングできることで、新しいプロバイダvDCにかかるコストが明確になり、価格設定が予測できるため、短期間で利益を上げることができます。

ネットアップが提供する組み込みのデータ保護機能と常時稼働機能により、顧客のサービスを常に利用可能な状態に維持できるため、アップタイムに関して業界最高レベルのSLA(サービスレベル契約)を実現できます。また、VMware vCloud Directorのオブジェクト対応インターフェイスは、スペース効率に優れたSnapshotによるバックアップを瞬時に行い、リストアを数分で完了します。

複数のプロトコルをサポートする単一のユニファイド・プラットフォームは、VMware vCloud Directorのさまざまな要件に対応しており、Total Cost of Ownership(TCO;総所有コスト)を削減することができます。さらに、Flash Cache、FlexCache®、FlexShare®の各テクノロジを利用することで柔軟性が高まり、ストレージのパフォーマンスが向上します。これらのテクノロジは、読み取り速度を高速化し、応答時間を短縮すると同時に、パフォーマンスに影響を与えることなく仮想リソースの利用率を改善します。加えて、実績のあるクラウド導入や運用のベストプラクティスにより、導入から課金に至るまでのプロセスを支援し、ビジネスの成功を促進します。

こちらをクリックして、ネットアップのVMware vCloud Director向けソリューションの詳細情報をぜひご覧ください。