エンドユーザの操作性を損なうことなく、購入するストレージの削減を保証*

デスクトップから解放されれば、素晴らしい環境を得られます。

J&B Group 、配達サービスに NetApp を採用

J&B Group は、生鮮食品の提供と流通を行う家族経営の会社です。同社では、テクノロジを使用してほぼオンデマンドで、最も新鮮な食品を確実に顧客に配達しています。

J&B Group は、仮想インフラを補完し、アップタイムを向上させるためにストレージ環境を刷新した際、競合他社と比較した結果、NetApp を選択しました。その理由は、

NetApp が可用性と機能の要件を満たしていただけでなく、独自の柔軟性を実現していたためです。J&B は、今後 5 年以内に数 10 億ドル規模の企業になるという目標持っていますが、NetApp を採用したによって、その目標に応じた拡張が可能になったと確信しています。

NetApp の採用を決めたことによって、目標を達成するまでの間にも、すでに次のような実際のビジネスバリューとコスト削減が実現されています。

  • 導入後、現在までダウンタイムはゼロ
  • デスクトップの使用容量を 98% 削減
  • 4 時間以内の回復性
  • 何百台ものデスクトップを数分で導入
  • 拡張に対する柔軟性を保護
  • PC の購入を 2 年以上も先送り
  • 「すべてが以前よりシンプル」に

どこで何をしていようとも、仕事に必要なものすべてにアクセスできると、本当に便利です。(理不尽な上司が、休暇中でも部下に仕事をさせられると考えてしまう点は問題ですが)

しかし、IT 担当者として、仮想デスクトップインフラ(VDI)への移行を決断するのは簡単ではありませんでした。もちろん、VDI を使用することにより、総コストの削減や管理の簡易化など、仮想化のメリットを、さらに多くの IT 環境に拡張することはできます。問題となったのは、現在のテクノロジが、エンドユーザの満足度を維持するのに必要な性能を継続的に提供できるだけの成熟したものであるかどうか、そして、移行にともなう労力と複雑性にみあうだけの節約が実現できるかどうかでした。限られたいくつかの業界(ヘルスケアや金融サービスなど)が幅広い採用に動いているだけで、ほとんどの組織がいまだに構想の検証段階にあるのは、おそらくこのことが原因です。

好機 の到来
業務および IT 運用改善の機会を逃すべきではありません。ほとんどの組織では、デスクトップシステムの数のほうがサーバの数を上回っています。そのため、サーバだけを仮想化しても、IT 環境にもたらすことのできる基本的な変革や大幅な節約の可能性を最大限に活かすことはできません。

もちろん、 高額な初期設備投資が、大規模の VDI 導入の妨げになったケースもあるでしょう。しかし、仮想デスクトップは、適切に構築すれば、初期の資本支出を最小限に抑え、従来の PC 環境に比べて次のような優れた価値をもたらすことができます。

  • ロケーションに依存せず、すべてのデータとマシンを簡単に保護
  • データおよびアプリケーションに「いつでも、どこでも」アクセス可能
  • 企業のマシンや資産に対して継続的なサポートを簡単に提供
  • すべてのデスクトップに対し、企業の要件や法規制への準拠を徹底
  • 自然災害やその他の予期しない作業の中断が発生した場合にも、事業継続性やデータ保護を確保
  • 日常の運用コストを削減

VDI 導入を成功させるためには、コストを最小限に抑え、エンドユーザの良好な操作性を実現し、大規模な管理を行う必要があります。

簡単に実施できるでしょうか?いいえ、 そう簡単ではありません。少なくともこれまではそうでした。

パフォーマンスと容量は別物


ピーク時のパフォーマンスを実現する 2 つの手法

VDI 時代の到来
IT 市場は、新しいテクノロジによって転換期を迎えています。VDI テクノロジによってハイエンドグラフィック、モバイルユーザ、高度な管理ツールがサポートされ、新しいストレージテクノロジによって、より幅広いユーザがパフォーマンスを損なうことなく、仮想化されたデスクトップのメリットを享受できるようになったのです。

実際、ストレージの選択は、VDI 導入でコストを低減し、パフォーマンスおよび容量の要件を満たし、エンドユーザの期待を実現する上で極めて重要な役割を果たします。そのため、VDI 計画の一環として完全なデータ管理戦略を立てておくことは、成功するために非常に重要です。

その理由は、 VDI を利用すると、環境がローカルのデスクトップシステムから仮想デスクトップに移行するためです。つまり、PC 内臓の比較的低コストのローカルストレージから、エンタープライズストレージに移行するのです。通常、エンタープライズストレージは、仮想環境で経費が最も多くかかるカテゴリの 1 つです。VDI 導入のコストの半分がこのカテゴリにかかっている場合もあります。また、VDI では、ユーザの操作性に影響を与える、パフォーマンス特有の課題が生じる場合もあります。たとえば、朝一番などに、全員が同時にデスクトップを起動したり、ログインしたりしようとすると、デスクトップ、アプリケーションまたはデータにアクセスする際に、許容できないほどの遅延が発生する場合があります。

ユーザの満足度を維持するパフォーマンス
エンドユーザの満足度を維持するには、ユーザのデータおよびアプリケーションを毎日 24 時間、利用可能な状態に維持しておく必要があります。

IT の観点からは、これを実現するには、ストレージの容量とパフォーマンスのバランスを適切に維持しながら、コストを管理する必要があります。ストレージテクノロジは過去数年の間に成熟したため、現在では仮想デスクトップを最大限に活用することができるようになりました。革新的で統合されたテクノロジにより仮想化の障害となる要素が払拭され、VDI はより現実的なオプションになっています。


「当社は、ユーザが使用しているデスクトップテクノロジを提供するのではありません。
ユーザがもっと便利に活用できるデスクトップテクノロジを提供するのです」 — NetApp

たとえば、NetApp では、パフォーマンスと容量に関連する課題を解決し、効率性を向上させ、最大の可用性を実現しました。当社では、ピーク時の付加の要件を満たすために多数の高価なディスクをシステムに投入するのではなく、「ストレージの購入量を 50% 削減」しながら、保存できるデータおよびアプリケーションを増やすことを提案しています。また、当社では、管理上の利便性をさらに向上させて、作業環境を簡易化しています。より効率的で高性能のデータ管理ソリューションを提供するように変革を行うことで、ユーザの IT ストレージおよび管理コストを少なくとも 50% は削減できるように支援します。

IT管理者とユーザの解放
世界各地のさまざまな業界で働く方々が、幅広い規模の VDI の導入を妨げる主な障害を効果的に取り除くため、当社のソリューションを導入し始めています。実際、世界的な投資銀行の 10 行のうち 9 行が、デスクトップ仮想化プロジェクトを NetApp 上で導入しています。


NetApp のソリューションで構築された VDI を使用すれば、簡単に数千のシステムを同時にプロビジョニングし、すべてのホームディレクトリを同じ場所に保存し、すべてのデータを同時にバックアップし、数千のデスクトップを統合された非常にシンプルな手法で管理することができます。これら、すべてを 1 つのストレージプラットフォームから行うことができるのです。

トレードオフなしでパフォーマンス、即応性および効率性を実現できれば、失うものは何もありません。NetApp を利用すれば、次のことを実現できます。


エンドユーザの操作性の向上: ユーザ、デスクトップおよびアプリケーションの管理の簡易化: ピーク時にもパフォーマンスと快適な操作性を発揮:
•  ブートストームおよびログオンストームを排除
•  デスクトップのパフォーマンスを 70% 向上
•  ビジネスクリティカルなサービスの可用性を実現
•  数千のデスクトップを数秒でオンラインに
•  仮想デスクトップと同じ速さでストレージをプロビジョニング
•  セキュアなアクセス、迅速なバックアップとリカバリ
•  70% を超えるストレージ利用率
•  容量ゼロのデスクトッププロビジョニング
•  購入するストレージの 50% 削減を保証
 

デスクトップシステムを適切なストレージプラットフォームで仮想化することによって、ビジネスニーズに合わせてより簡単に拡張を行い、運用コストを削減し、パフォーマンスを向上させることができます。トレードオフはありません。
購入するストレージを削減し、より多くの IT 環境を仮想化することに興味をお持ちですか?完全に仮想化された IT 環境のメリットを享受するための支援はどうぞ当社にお任せください

また、仮想化コミュニティのディスカッションに参加して、データセンターを仮想化することによる利点と課題について意見を交換してください。

*制限あり