NetApp Japan特設サイト: データ保護、事業継続、節電を 検討するためのポータルサイト

ライセンス無償提供プログラムは、2012/4/30付けで終了致しました。 以下は、過去に実施した取り組みのアーカイブ情報です

ライセンス無償提供プログラムの開始

2011年3月11日に発生した東日本大地震を受け、データの保全がIT担当者様の最優先課題であるとお聞きする機会が増えています。日頃データのバックアップを実施されているお客様も、バックアップデータの保管先や、電力不足による突然の停電といった事態を考慮した、情報資産の保護計画の見直しを、再検討されているのではないでしょうか。

ネットアップには、データを安全に遠隔地へバックアップするための、いくつかのソリューションがあります。その中でも比較的簡単に短期間で導入でき、高いデータ保全性を実現することができるSnapMirrorについて、無償提供させて頂くプログラムを実施いたします。

ご参考情報

SnapMirrorの製品概要については、こちらからご覧下さい。
SnapMirrorなどのネットアップのデータ保護の実践的ソリューションガイドは、こちらからご覧下さい。

無償ライセンス提供プログラムの概要

ネットアップストレージをご利用のお客様に、90日間の期間限定SnapMirrorライセンスを、無償提供させて頂きます。
*本ライセンスについて、ネットアップ社は保守提供義務を負いません。ご了承ください。
*導入についてサポートが必要な方は、専用お問い合わせフォームにご記入下さい。

【適用条件と対象】
1. ネットアップストレージをお使いのお客様
2. 日本国内でご利用中のお客様に限らせて頂きます。なお、地域の限定はございません
3. 有効な保守サポート契約を締結されているお客様に限らせて頂きます

【本プログラムのご利用例】
① クラウド事業者のバックアップサービスの利用
いくつかのクラウド事業者では、SnapMirrorによるバックアップサービスを提供しております。お客様のネットアップストレージにSnapMirrorのライセンスがあれば、定期的にお客様のデータを、クラウド事業者へ差分転送しておくことが可能です。

ポイント:導入までの期間が短く、初期費用を抑えることができます。

ご確認下さい
*クラウド事業者側で提供するサービスについては、費用や利用開始可能日などの確認が必要です。これらの詳細については、お客様にて各クラウド事業者にご確認ください。
*特定のクラウド事業者とのお取引が無い場合は、ネットアップ・サービスプロバイダー・パートナープログラムにより、国内外のクラウド事業者をご紹介することができます。ご希望の方は、以下の専用お問い合わせフォームにその旨ご記載下さい。

② すでに複数台のネットアップストレージをお持ちの場合
ネットアップストレージを複数お持ちのお客様は、SnapMirrorを使用して双方にデータをバックアップしておくことができます。設置場所が離れていれば、災害対策としての効果もあり、問題が発生した場合にいつでも転送先のネットアップストレージをメインストレージとして切り替えることもできます。

ポイント:既存資産を活用し、迅速に災害対策環境の構築が可能です。

ご確認下さい
* ご利用のネットアップストレージのバージョンを予めご確認の上、お問い合わせ下さい
* 導入にあたりご不明な点がございましたら、以下のリンクよりお問い合わせ下さい。お客様の環境に即したご支援をさせて頂きます
* 複数台のライセンスをご希望の方は、該当する機種分のシリアルナンバーとバージョンを以下の専用フォームに記載して下さい

申請手続き

下記、専用お問い合わせフォームにご記入の上、送信をお願いします。弊社担当者より、ライセンスキーをご連絡致します。

シリアルナンバーおよびONTAPバージョンの確認方法

コマンドラインからの確認方法
① ネットアップのアドレスへtelnetでログイン
② > sysconfig
NetApp Release 7.3.5.1P1: Fri Feb 25 19:29:07 PST 2011←★ONTAP バージョン★
System ID: 0084191093 (fas270b); partner ID: 0084191178 (fas270a)
System Serial Number: 310594111 (fas270b) ←★シリアルナンバー★

FilerView(GUIインターフェース)からの確認方法
① ウェブブラウザにネットアップのIPアドレス/na_adminを入力
② FilewViewのアイコンをクリック

③ Filer → Show Statusをクリック。System IDがシリアルナンバー、VersionがONTAPバージョンになります。

チェックリストで確認

御社のBCPの適格度と、NetAppの考えるフレームワークを見る

無償アセスで詳細診断

今後の詳細プラン立案をNetAppがサポート