医療機関向けソリューション

医療ワークフローを一新して、 データストレージの容量を削減し、複雑な管理をシンプルに。EHR環境のTotal Cost of Ownership(TCO;総所有コスト)を削減し、 患者データの管理も効率化する画期的なソリューション。

ネットアップのソリューションは、患者データを効率良く管理、提供、保管することにより、患者ケアの質を高め、医療情報の交換を促進し、診断と治療をスピードアップします。

データストレージの容量を削減し、複雑な管理をシンプルに
大規模なファイルやさまざまな画像フォーマットが使用されるようになり、EMR(医療機関内で利用される電子カルテ)などの医療アプリケーションが登場したことで、医療機関には新たな課題がもたらされています。ネットアップの革新的なデータストレージとデータ管理ソリューションは、医療機関同士で情報を共有するElectronic Health Record(EHR)環境の複雑さを軽減し、TCOを削減します。

急増する医療データに対応
医療データの取得、所有、管理を簡易化することによって、データの急増に対応します。ネットアップのソリューションは、目に見える付加価値と持続的な投資効果をもたらすように設計されています。

コンプライアンスとセキュリティのリスクを軽減
コンプライアンスとセキュリティの目標達成を支援するストレージ・ソリューションで、HIPAA 5010、ARRA HITECH、現地の規制、EU指令に準拠し、リスクを軽減できます。

ディザスタリカバリ(災害復旧)を実現
米国のハリケーン「カトリーナ」や日本の大震災、津波の被害をきっかけに、信頼性の高いデータバックアップ機能とディザスタリカバリ(災害復旧)機能を備えることが、新たな緊急課題となっています。ネットアップのソリューションを使用すると、複数の場所にデータを保管し、ビジネスを継続させることができます。

ネットアップは、医療データとITデータを統合し、電子カルテや膨大な量の患者データ、医療画像データを効率良く管理することにより、診断時間を短縮し、規制への準拠やコストの削減を可能にします。詳細については、 お近くのネットアップまたはネットアップのパートナーの営業担当者までお気軽にお問い合わせください。