ネットアップのPACS用データ ストレージ ソリューションなら、医療画像にいつどこからでもスピーディにアクセスでき、治療の質を高められます。

ネットアップのデータ ストレージ システムが、パートナーのPicture Archiving Communications System(PACS)ソリューションと連携してデータを処理。いつでもその場で患者のデータにアクセスできます。

拡張性に優れたネットアップのマルチメディア ストレージ プラットフォームは、医療画像や診察データを保存するための基盤として、Health Information Exchange(HIE)やNationwide Health Information Network(NHIN)などのアプリケーションで利用できます。 ネットアップならではのデータ保護テクノロジによって、Joint Commissionのストレージ要件に準拠でき、ディザスタ リカバリ(災害復旧)、データ セキュリティ、データ保持に関する政府の要件へのコンプライアンスも万全です。

X線撮影や心臓画像など、さまざまな医療画像が増えていく中でも、ネットアップのネットワーク ストレージを利用した統合PACSソリューションなら、画像の読み出しはスピーディ。医師や技師の間の連携を円滑にし、診療の質を高めます。 医療データのアーカイブが複雑になる中でも、複数のデータ リポジトリを構築し、信頼性の高いバックアップとリカバリを実現します。 

ネットアップのターンキーPACSソリューションは、コスト効率に優れ、大量の医療画像データの保存と管理に効果を発揮します。詳しくはこちらをご覧ください。