ネットアップのEHR / EMR向けデータ ストレージ ソリューションは、患者データの管理、共有、保存を容易にし、コストを削減します。

ネットアップのデータ ストレージ システムは、パートナーのEHR / EMRソリューションと連携。いつどこからでも患者データにアクセスできる環境を実現します。

ネットアップのストレージ プラットフォームはElectronic Medical Record(EMR;電子カルテ)、Electronic Health Records(EHR;電子健康記録)、Health Information Exchange(HIE)、Nationwide Health Information Network(NIHN)などの、医療記録や診察結果の保存用に拡張可能です。 

ネットアップの革新的なテクノロジでストレージ インフラの効率がアップ。ビッグデータにも対応できます。 ハードウェアの設置面積を減らして、シンプルなストレージ管理を実現できるため、物理スペースの使用量と電力消費の抑制にもつながります。 

  • NetApp Flash Cacheのインテリジェントなキャッシュ機能により、重要なワークロードを優先的に処理し、迅速な応答を実現
  • NetApp Data ONTAP® 8.0ユニファイド ストレージ オペレーティング システムでデータ管理をシンプルにし、管理コストを削減
  • ネットアップのEHR / EMR統合ソリューションで患者データに24時間アクセス可能

ネットアップとパートナーのターンキー ソリューションでEHRシステムに移行すれば、HITECHの目標を達成し、データを長期にわたって保護できます。 

拡張性に優れコスト効果の高いネットアップのストレージ ソリューションは、パートナーのEMR / EHRアプリケーションと統合し、ターンキー ソリューションを実現します。EHRパートナーの詳細についてはこちらをご覧ください。