オンプレミスでもクラウドでも、ネットアップのソリューションがデータ保護を変革します。

最新のデータ保護には、バランスの調整が要求されます。 以下のビデオで紹介するデータ保護モデルにより、データの重要性に基づくコストと時間の最適なバランスを確認できます。

ネットアップのデータ ファブリックを基盤としたデータ保護ソリューションにより、データを必要なときに必要な場所で使用できるようになります。 データ保護を複数のアプリケーション、仮想インフラ、クラウド アーキテクチャにわたって拡張できます。

パフォーマンスに影響を与えることなく、開発 / テスト、分析、レポート用に複製したデータからコピーを作成できるため、データ保護用のコピーを再利用し、DR インフラへの投資を有効に活用できます。

ネットアップのデータ保護ソリューションのメリット:

  • 世界シェア1位*のストレージ オペレーティング システムであるユニファイド スケールアウト ストレージ プラットフォームclustered Data ONTAP®と統合されたデータ保護
  • クラウド バックアップ ストレージを含むネットアップや他社製ストレージのバックアップとリカバリ
  • データセンター、リモート オフィス、クラウドで実行される同期 / 非同期レプリケーションのディザスタ リカバリを提供
  • オンプレミスまたはクラウドでのデータ アーカイブ
  • 厳格なデータ保護規制に準拠するコンプライアンス ソリューション

ネットアップのデータ保護ソリューションについて詳しくは、こちら PDFをご覧になるか、このページにあるタブを選択して、プライベート、パブリック、ハイブリッドの各クラウドにわたるバックアップとリカバリ、ディザスタ リカバリ、アーカイブ、コンプライアンスの提供に各プラットフォームを利用する方法をご確認ください。

* 出典:IDC『Worldwide Quarterly Enterprise Storage Systems Tracker』2015年第3四半期実績 2015年12月発行(オープン ネットワーク エンタープライズ ストレージ システム売上金額)