コスト削減と簡易化を実現したエンタープライズクラスのデータ可用性

厳しい経済状況にあって、企業は運用の効率や柔軟性をさらに引き上げる必要に迫られています。また、共有インフラに移行する組織が増大しているため、データ保護の重要性がさらに高まり、簡易化が課題となっています。

厳しい経済状況にあって、企業は運用の効率や柔軟性をさらに引き上げる必要に迫られています。また、共有インフラに移行する組織が増大しているため、データ保護の重要性がさらに高まり、簡易化が課題となっています。

NetAppの優れたユニファイド・ストレージ・プラットフォームなら、エンタープライズクラスの可用性を実現し、事業継続性を維持することができます。組み込みのストレージサブシステム機能を基本として、回復力、データ損失からの保護、プロアクティブな監視とメンテナンスを実現します。この結果、常にファイブナイン(99.999%)の可用性が得られます。つまり、1年間にわずか数分間のダウンタイムしか発生しません。

RAID-DP®などの比類のない機能により、パフォーマンスに影響しないダブルパリティRAID 6を利用できるため、ディスクの二重障害からも保護されます。すでに可用性の高いアーキテクチャが、Alternate Control PathやNVRAMによる書き込みログの永続保管などの新機能により、さらに補強されています。データセンターを超えて、ストレージの保護を簡単に拡張できます。NetAppはアレイベースのクラスタリングと同期ミラーリングテクノロジを組み合わせた透過的なリカバリを提供しています。これにより、競合ソリューションの半分のコストと複雑さで継続的なデータ可用性が実現します。高可用性は、NetApp®の統合データプロテクション・ポートフォリオの中心的な要素です。このポートフォリオにより、バックアップ、ディザスタリカバリ(災害復旧)、アーカイブも可能なため、データ可用性についてのどれほど厳しい要求であっても実現できます。

NetAppの統合データプロテクションを利用すると、追加のサーバやアプライアンスが必要ないため、コストと複雑性を削減できます。NetApp Snapshot®重複排除機能、シンレプリケーションなどの機能を備えた組み込みの効率化機能が、プライマリストレージからセカンダリストレージに価値をもたらします。お客様にとっての価値は、消費電力、冷却コスト、ネットワーク帯域幅の削減に加え、設置面積を最大90%削減できることです。

効率的で柔軟性の高い高可用性共有インフラの基本構成要素は、次のとおりです。

弊社のパートナーになることで、お客様の高可用性ビジネスニーズに最適なソリューションを選択できます。

NetAppの革新的な高可用性ソリューションの詳細をご確認ください。