ネットアップを基盤とするVMwareのクラウドインフラと管理

VMware製品とネットアップストレージで構成された仮想環境をクラウドへと進化させ、 優れた効率とビジネスの柔軟性をもたらし、市場投入までのサイクルを短縮するクラウドサービスを実現、提供します。

ストレージおよびデータ管理と仮想化ソリューション、それぞれの分野において業界をリードするネットアップとVMwareは、先進的な仮想化、自動化、セルフサービスによって、クラウドへの移行を促進するというビジョンを共有しています。両社の共同ソリューションは、クラウド・コンピューティングの基盤となるテクノロジを密接に統合することで、以下を実現します。

  • 共有ITインフラ上で複数のテナント(アプリケーション、組織、クライアント、ユーザ、ビジネスユニット)を安全に分離
  • スペース効率に優れたポイントインタイム・バックアップおよびリストアを、数分という素早さで実行
  • クラウドインフラ全体のプロビジョニングおよびストレージ管理を自動化
  • 仮想ITリソース(コンピューティング、ネットワーク、ストレージ)のセルフサービス・プロビジョニングによりエンドユーザの権限を強化

企業やサービスプロバイダは、ネットアップ環境に構築されたVMwareクラウドインフラと管理ソリューションにより、革新的なテクノロジとクラウドのベストプラクティスを組み合わせ、コスト削減と複雑さの軽減を目的に設計された基盤上にVMware vCloud Directorを迅速に導入できます。このソリューションは、VMware vCenter™およびVMware vCloud Directorの管理プラットフォームと密接に統合されているため、仮想データセンター(vDC)や基盤にあるVMware vSphere™リソースを単一のコンソールから自動でプロビジョニングできます。また、vDCやvApp用のネットアップのストレージリソースをVMware vCenter内から動的に拡張することもできます。インテリジェントなポリシーベースのプロビジョニングにより、vCloud管理者は、厳しいサービスレベル契約(SLA)を満たす適切なタイプのリソースをプロビジョニングし、また、ショーバック(コスト通知)による予測やチャージバック(課金)が行えるようになります。

このソリューションでは、組み込みのデータ保護機能と常時稼動機能により、サービスが常に利用可能な状態に維持されるため、業界最高レベルのSLAを実現できます。また、VMware vCloud Directorのオブジェクト対応インターフェイスで、スペース効率に優れたSnapshotによるバックアップを瞬時に行い、リストアを数分で完了することも可能です。

クラウドへの移行をサポートするネットアップストレージ上のVMwareクラウドインフラと管理ソリューションについては、リンク先で詳細をご参照ください。ソリューションの導入にあたっては、最寄りのネットアップまたはネットアップパートナー営業担当者までお問い合わせください。