ネットアップを基盤とするVMwareのクラウドインフラと管理

拡張性に優れたエンタープライズクラスのVMware向けフラッシュ ソリューションで、次世代データセンターへの移行を簡易化できます。

ネットアップとVMwareで、クラウドへの移行を短期で実現できます。ネットアップのVMware®プライベート クラウド向けフラッシュ ソリューションを利用することで、クラウド サービスにおけるITの効率化、さらに柔軟なビジネスの実現、運用開始までの時間の短縮ができます。

両社の共同ソリューションは、クラウド コンピューティングの基盤となるテクノロジを密接に統合することで、以下を実現します。

  • コストと複雑さを軽減できるように設計されたデータ ストレージを基盤に、VMware vRealize® Suiteを導入
  • ダウンタイムやパフォーマンスへの影響なしに、容量とパフォーマンス両方の直線的なスケーリングを実現
  • セキュアな共有ITインフラ上で複数のテナントを分離
  • NetApp Snapshot™コピーで、スペース効率に優れたポイントインタイム バックアップとリストアを瞬時に実行
  • 仮想データセンター(vDC)や基盤にあるVMware vSphere®リソースを単一のコンソールからプロビジョニング
  • vDCやvApp用のストレージ リソースをVMware vCenter™ソフトウェア内から拡張
  • vCloudリソースをプロビジョニングし、厳しいSLAに対応
  • NetApp Virtual Storage Consoleを活用し、導入と管理を合理化
  • NetApp SnapCenter®ソフトウェアで、統合されたエンタープライズクラスのデータ保護を実現

ネットアップのVMwareプライベート クラウド向けストレージ ソリューションでクラウドに移行する方法については、こちら PDFをご覧ください。ソリューションの導入にあたっては、最寄りのネットアップ営業担当者、またはネットアップ パートナー営業担当者までお問い合わせください。