ネットアップとMicrosoft Azureが提供するハイブリッド クラウド ソリューション。そのパワーと管理機能をビジネスに活用しませんか?

企業がクラウドに求めるもの。それはなんといっても柔軟性と制御性です。クラウド ソリューションといえば、大抵は柔軟性か制御性かの二者択一を迫られますが、NetApp® Private Storage for Microsoft® Azureソリューションなら、その両方を実現できます。

Azureクラウドのコンピューティングと定評あるエンタープライズ ストレージを活用: 柔軟性とコスト削減効果に優れたMicrosoft Azureを、パフォーマンスと可用性に優れた社内専用エンタープライズ ストレージと組み合わせて利用できます。

ニーズに合わせてコンピューティング リソースを臨機応変に活用: Azureのコンピューティングをエンタープライズ ワークロードのピーク時や、想定外の負荷、季節的な負荷に活用し、CAPEX(設備投資)を必要最低限に抑えることが可能です。

データをAzureクラウドの隣で管理し、優れたパフォーマンスと制御性を実現: さらにEquinixのティア1データセンターでネットアップ ストレージとAzureを併用可能。物理的、環境的なセキュリティを確保し、パフォーマンスも強化できます。ネットアップ ストレージとAzureがAzure ExpressRoute(プライベート回線)で接続されるため、インターネット経由のVPN接続に比べて、スループットが36%向上します。まるでローカル環境のようにスムーズなコンピューティング処理が行える上、データを常時保護できます。データの配置場所も常に確認できるため、データ主権の問題は発生しません。