クラウドの選択肢を広げませんか。複数のクラウドに接続し、利用するクラウドをいつでも切り替えられます。

企業がクラウドに求めるもの。それは、幅広い選択肢と制御性です。クラウド向けNetApp® Private Storage(NPS)は、クラウドを利用しながら、データを完全に制御できるソリューションです。

データの所有権と制御権を保持:データの格納場所を常に把握できるため、データのコンプライアンス要件や主権要件に対応できます。NPSのデータ コンプライアンスとデータ主権の詳細については、こちら PDFをご覧ください。

利用するクラウドをいつでも切り替え:NPSなら、Equinixのデータセンター内で、複数のクラウド サービスの「側」にデータを格納できます。クラウドとの接続が完了したら、Equinix Cloud Exchangeを使用して、クラウドの一部またはすべてを追加したり切り替えたりすることができます。操作はわずか数分で完了します。

思いどおりのクラウド:業界をリードする複数のクラウド ストレージ プロバイダを利用しながら、専用のプライベート ネットアップ ストレージ上で自社データを完全に制御できます。拡張を続けるネットアップのクラウド サービス プロバイダ ネットワークからソリューションを選択できます。

さらに、Factionなどのパートナーが、業界をリードする付加価値再販業者を通じてNPSをサービスとして提供します PDFSynoptek1901 GroupDay 1 SolutionsFactionといったパートナーを通じて、OPEXベースの専用マネージド サービスを利用できます。

クラウド向けNetApp Private Storageの詳細については、こちら PDFをご覧ください。または、ネットアップの営業担当か、ネットアップ販売パートナーにお問い合わせください。