ストレージはプライベート クラウドのバックボーン

NetApp clustered Data ONTAPなら、 仮想共有ITインフラを構築し、ITサービスを実現できます。

ネットアップのベストプラクティスを活用すると、ITインフラを進化させてプライベート クラウド コンピューティングを 実現できます。

ネットアップの以下のコア機能を活用すれば、 プライベート クラウド環境のデータを管理し、確実に制御できます。

  • NetApp® clustered Data ONTAP®ソフトウェア:単一のストレージ / データ管理プラットフォームを実現し、各種ワークロードをサポート
  • Storage Efficiency:必要なストレージ容量を削減し、コストを50%以上削減
  • セキュア マルチテナンシー:共有されているサーバ リソース、ストレージ リソース、ネットワーク リソースをセグメント化、分離化して提供
  • サービスの自動化と分析:ストレージのプロビジョニング、包括的な可視化、監視を自動化
  • 統合データ プロテクション:バックアップ、ディザスタ リカバリ(災害復旧)、アーカイブ、コンプライアンス、セキュリティに関するSLAに準拠
  • バーチャル ストレージ ティア:アプリケーションの類似性やワークロードに応じてデータを自動的に移動
  • 組み込みのデータ セキュリティ機能:ロールベースの管理、暗号化、ウイルス対策により、データ資産を保護

ネットアップが提供する以下のテクノロジは、クラウド サービスへのセキュアな高速アクセスを可能にします。