OpenStack向けネットアップ ソリューション

OpenStackクラウド環境を提供するために:ネットアップの統合ストレージ ソリューションを利用すれば素早く、簡単にリスクを抑えて実現できます。

OpenStack®ソフトウェアをベースとしたパブリック クラウドやプライベート クラウドを、特にエンタープライズ アプリケーション向けに運用するには、可用性、効率性、安全性の高い堅牢なストレージ インフラが欠かせません。

ネットアップは、ストレージとOpenStackの統合を通じて、クラウドの導入を簡易化、加速化し、さらにその拡張性を高めています。OpenStackのブロック、ファイル、オブジェクト ストレージを完全に統合し、セルフサービスでのITプロビジョニングを実現します。

ネットアップなら、すべてのOpenStackクラウド向けのストレージ管理およびデータ管理ソリューションについて、オールフラッシュ対応の幅広いポートフォリオを、ワークロードの規模を問わずに提供できます。

  • ONTAPのブロック ストレージとファイル ストレージで、ユビキタス データ管理機能を提供。
  • SolidFireブロック ストレージで、予測可能なパフォーマンスを規模の制限なしで提供。
  • Eシリーズのブロック ストレージとオブジェクト ストレージで、アプリケーションのパフォーマンスを高速化。
  • StorageGRID® Webscaleオブジェクト ストレージで、大量のリポジトリとグローバル ネームスペースをサポート。
  • OpenStack Foundationに参加しているネットアップから得られるメリットについては、こちらをご覧ください。
  • Red Hat、Cisco、ネットアップによるFlexPod Datacenter with Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform CVDの詳細については、こちらまたは設計ガイドおよび導入ガイドをご覧ください。
  • ブログ、ソース コード、コミュニティ ディスカッション、ドキュメントを紹介するネットアップのオープンソース コラボレーション サイト「thePub」については、こちらをご覧ください。