ネットアップとMicrosoftが提供する、実績豊富なクラウド ソリューションを活用すると、IT環境の即応性を向上できるだけでなく、ITサービスとアプリケーションを効率よく提供できます。

Logo
Logo
Logo

仮想サーバと仮想アプリケーション向けのネットアップ ストレージは、インテリジェントな管理機能、自動化機能、セルフサービス プロビジョニング機能を備えています。 ネットアップは、クラウド向けの汎用性に優れたデータ プラットフォームを提供しているため、ノンストップ オペレーション、シームレスな拡張性、実証済みの効率性が実現できます。

ネットアップ ストレージをMicrosoftのクラウドOSと組み合わせると、プライベート クラウドからパブリック クラウドへと拡張して、クラウドベースのデータセンター インフラ、アプリケーション、サービスをスピーディに導入できるようになります。

ネットアップが提供する実証済みのエンタープライズ ストレージを基盤にインフラを構築すると、以下のメリットが得られます。

  • 管理を簡易化: System Center、Windows Server® 2012 R2と緊密に統合されています。 ネットアップでは、OnCommand® Plug-in for Microsoft®、SnapManager® for Hyper-V®、数千種類に及ぶPowerShell™コマンドレットを提供しています。
  • クラウド間でデータを移動: ITインフラをMicrosoft Azureに拡張して、シームレスなハイブリッド クラウドを構築できます。
  • 即応性を向上: ストレージのプロビジョニングと運用をノンストップで実行できる、シングル プラットフォーム。QoSベースのワークロード管理が可能で、自社環境からクラウド環境にわたってスペース効率よくクローニングが行えます。
  • 生産性を向上: アプリケーション データの管理を効率化し、ルーチン タスクを自動化できます。管理の手間がかからないため、投資効果の高いビジネス プロジェクトに専念できます。