ハイブリッド クラウド ストレージ

各種ハイブリッド クラウド リソースにわたってデータの保護と管理を自由に行うことができます。

デジタル経済の通貨であるデータの自在な管理が可能です。データ ファブリックを基盤とするハイブリッド クラウド環境では、データを思いどおりに管理でき、オンプレミスとハイブリッドのクラウド インフラにおけるセキュアで手間要らずのデータ アクセスが実現されます。さらに、ハイブリッド クラウド ストレージ環境では、次のようなメリットを得ることができます。

  • NetApp® Cloud Syncサービスを使用して、オンプレミス ストレートとクラウド ストレージとの間でデータを同期し、データ分析に活用できます。
  • ネットアップのCloud Control for Microsoft Office 365サービスを使用して、オンプレミスとクラウドにわたってデータを保護できます。
  • NetApp AltaVault™クラウド統合ストレージを使用して、オンプレミス、ホスティング、パブリック クラウドへのデータのバックアップをセキュアに実行できます。
  • クラウド向けNetApp Private Storage(NPS)やNPSサービス ソリューションを使用して、包括的なデータ ガバナンスが確立された状態でクラウド コンピューティングを活用できます。
  • NetApp ONTAP® Cloudを使用して、複数のクラウドを対象としたワークロードのスピン アップとデータの管理を容易に行うことができます。
  • NetApp StorageGRID® Webscaleを使用して、セキュアで拡張性に優れたオブジェクトベース ストレージを構築できます。
  • NetApp OnCommand® Insightを使用して、オンプレミス環境とクラウド環境のクラウド ワークロードを詳細に把握できます。