ハイブリッド クラウドを自由自在に活用しませんか? ネットアップならではのデータ ファブリックを使用して、ニーズに合った方法でデータを確実に管理できます。

ハイブリッド クラウド環境全体で、同じエンタープライズクラスのデータ サービスを一貫して活用できるため、ビジネスの基盤を強化できます。 ネットアップにしか実現できないデータ ファブリック上で、クラウド プロバイダを自在に選び、ニーズに合わせてデータを制御できます。

  • 世界シェアNo.1のストレージOS*、NetApp® clustered Data ONTAPの実証済みのStorage Efficiency、可用性、拡張性は、ハイブリッド クラウド環境に移行後もそのまま維持できます。
  • AWSなどのハイパースケール クラウドに移行し、オンデマンドで利用できるソフトウェア オプション、Cloud ONTAPでデータを管理できます。
  • 世界No.1のレプリケーション ソフトウェアであるSnapMirror®ソフトウェアやOnCommand® Cloud Managerソフトウェアを使用して、クラウド リソース間でデータやワークロードのプロビジョニングや移動を行えます。
  • OnCommand管理ソフトウェアを使用して、プラットフォームを監視、管理、最適化できます。
  • クラウド向けNetApp Private Storageを使用して、さまざまなパブリック クラウドを活用できます。
  • オブジェクトレベルのストレージ要件には、StorageGRID® Webscaleで対応できます。
  • NetApp SteelStore™クラウド統合ストレージでデータを保護できます。
  • OpenStackCloudStackを利用して、クラウド リソースのプロビジョニングと管理にオープンソースの選択肢を活用できます。

ネットアップのハイブリッド クラウドについて、詳しくはこちら PDFをご参照ください。