NetApp Private Storage for Amazon Web Services

「アマゾン ウェブ サービスとオンプレミス環境を効率よく利用できるNetAppのAWS連携ソリューション」カタログはこちら PDFで入手可能です。

Amazon Web Servicesのクラウド リソースと自社専用のリソースをバランスよく利用し、データを自社の管理下に置いたまま、コストを削減し即応性を向上できます。

NetApp® Private Storage for Amazon Web Services(AWS)では、即応性の高いクラウド インフラを構築し、プライベート リソースとクラウド リソースをバランスよく組み合わせて、ビジネスの成果を最大限に高めることができます。

このソリューションでは、自社専用のエンタープライズ ストレージにEC2のオンデマンド コンピューティングを組み合わせられるほか、S3やGlacierでディスクベースの階層型のバックアップとリカバリを実現できます。自社保有のネットアップ仮想インフラと AWS Direct Connectデータセンター内のネットアップ ストレージとの間で互いにデータをレプリケートできるため、クラウド コンピューティング サービスを利用しながらも、企業データの管理性とモビリティは完全に維持できます。

クラウドのメリットに加え、実績のあるエンタープライズ ストレージ、従来の手法よりもコストを抑えられる強力なデータ保護、プライベートとクラウドのリソースを動的に調整できる即応性が効果を発揮します。

このソリューションは以下の用途に役立ちます。

  • ハイパフォーマンス ワークロード
  • ビッグデータ分析
  • 開発とテスト
  • ディザスタ リカバリ(災害復旧)
  • 階層型のバックアップ
  • コンプライアンス
  • データセンターの移行と統合

NetApp Private Storage for Amazon Web Servicesの詳細についてはこちら PDFをご覧ください。ご不明な点はネットアップの営業担当者またはネットアップ代理店までお問い合わせください。