Couchbase Serverソリューション

CouchbaseをNetApp EFシリーズに導入することで、パフォーマンス、可用性、柔軟性を兼ね備えたストレージを活用して、ミッションクリティカルなNoSQLアプリケーションをサポートできます。

Couchbaseのような柔軟な高速データベースは、NoSQLの採用拡大に対応するため、同じような柔軟性を持つ高速のエンタープライズクラス ストレージ プラットフォームを必要とします。Couchbaseに対応するNetApp® EFシリーズとオールフラッシュE2800のストレージは、リアルタイムのビッグ データやモノのインターネットの処理で求められる低レイテンシを実現します。

高い可用性、簡易化されたセットアップ、データ暗号化、極めて優れた柔軟性を活用して、ストレージに依存せずにコンピューティング能力を拡張し、種類の異なるドライブをパフォーマンスまたは容量のワークロードに合わせて駆使することで、運用コストを削減できます。

Couchbaseを実環境で運用するためにネットアップのストレージを利用すると、ストレージを内蔵した汎用サーバを使う場合と比べ、再構築の時間が短縮され、ハイパフォーマンスが安定して提供されます。また、柔軟性が向上し、管理が非常に簡単になります。

詳しくは、テクニカル レポート『NetApp EF-Series and Couchbase』をこちら PDFからダウンロードしてご覧ください。

Altorosは、ミッションクリティカル アプリケーションの実行には、ストレージを内蔵する汎用サーバよりもCouchbase向けのネットアップ ソリューションの方がより適していると指摘しています。詳しくは、こちら PDFをご覧ください。