Hadoop向けに検証されたネットアップのストレージ ソリューションで、データの分析を強化します。

ネットアップのHadoop向けソリューションは、Hadoopから優れた分析結果を短時間で引き出し、厳しいエンタープライズSLAを満たすように設計されています。これにより、柔軟性、可用性、拡張性に優れたHadoopストレージ プラットフォームを構築し、簡易化できます。

ネットアップのHadoop向けコア ソリューション PDFは、NetApp Eシリーズ ストレージで検証済みです。また、FlexPod® Select with Hadoopソリューション向けの2つのCVD(Cloudera向けとHortonworks向け)は、Cisco®ハードウェアを使うリファレンス アーキテクチャとして使用することで、Hadoopクラスタ構築時の時間とリスクを削減できます。

NetAppとZaloni PDFは、Hadoopのビジネス バリューをデータ レイクにまで広げるために、堅牢なエンタープライズクラスのデータ レイク管理プラットフォームを共同で提供しています。ネットアップのデータ ファブリック ビジョンを拡張するこの革新的なハイブリッド アプローチは、データ レイクのライフサイクル管理にも適用されており、オンプレミスとオフプレミスの両方で、HDFSとオブジェクト ストレージの論理データ レイクが定義されます。

NetAppとZaloniのパートナーシップにより実現されたネットアップのHadoop向けソリューションおよびNetApp FAS NFS Connector for Hadoopは、データ分析の基盤として使用できます。

ネットアップのソリューションは、従来型のサーバに比べて、ビッグ データ分析における回復性、ジョブ完了時間、パフォーマンスの一貫性という点で優れています。詳しくは、『NetApp Solutions for Hadoop ESG Lab Validation PDF』をご覧ください。

米国の大手医療機関がビッグ データ分析にネットアップのソリューションを選んだ理由について詳しくは、こちら PDFをご覧ください。