SAP HANAテーラード データセンター統合(TDI)向けソリューション

認定取得済みのSAP HANA TDI向けネットアップ ストレージが、堅牢なデータ管理を実現します。

ネットアップでは、SAP HANAテーラード データセンター統合(TDI)モデルとして認定されたデータ ストレージ ソリューションを各種ご用意しています。ネットアップ ストレージ システムは、優れた拡張性、可用性、ディザスタ リカバリ機能、データ保護機能を備えた認定済みのソリューションです。また、SAP HANAは、FlexPod® Datacenterプラットフォームに加えて、富士通PRIMEFLEXなど他のベンダーのサーバでも検証済みで、SAP HANA TDIのパフォーマンスには影響しない柔軟性や拡張性を実現します。

また、現在のニーズに合ったストレージ インフラを導入し、その後必要に応じて拡張することが可能です。ネットアップのソリューションは柔軟性が高く、ストレージを「ビルディング ブロック」として追加しながら、無制限にスケールアウトできます。SAP HANAのデータと外付けシステムのデータを、ネットアップの共有ストレージ プラットフォームを使用して関連付けることにより、さらにスマートな意思決定が行えるようになります。

NetApp Snap Creator® Framework SAP HANAプラグインが統合されているため、SAP HANAデータのバックアップおよびリストア処理がわずか数秒で完了します。システム全体のパフォーマンスに影響を及ぼすことなく、御社のビジネス データを簡単に効率よく保護できます。

CiscoとネットアップのSAP HANA対応ソリューションについて詳しくはこちらを、富士通とネットアップのSAP HANA対応ソリューションについて詳しくはこちらをご覧ください。