SAP対応のFlexPod Datacenterを利用すると、SAPインフラの仮想化のメリットを最大限に引き出せる上、プライベート クラウドにもスムーズに移行できます。

ネットアップは、従来のSAP®アプリケーションとSAP HANA Tailored Datacenter Integration(TDI)の両方を対象とした強力なFlexPod® Datacenterプラットフォームを提供して、クラウドへの安全な移行を実現します。FlexPod Datacenterは統合、テスト、検証済みのソリューションです。柔軟でセキュアな共有ITインフラをベースに構築されており、業界をリードするネットアップ、Cisco、VMwareのテクノロジが採用されています。

FlexPod Datacenterは、アプリケーションとデータのモビリティを高めて、SAPのライフサイクル管理を加速することで、ビジネスの即応性を改善します。 また、スタック全体のデータが統合的に保護されるため、SAPシステム向けのクラウドの可用性を高めることができます。さらに、セキュア マルチテナンシー機能によって、SAP環境を分離し、さまざまな用途に利用できます。

また、標準化と自動化により、クラウド内でSAP環境を運用する際のリスクが低減し、TCOを全体的に削減できます。統合インフラを基盤としたFlexPod Datacenterソリューションなら、資産の利用率を最適化できるため、効率を最大限に高めてコストを削減できます。

SAPアプリケーションをサポートするFlexPod Datacenterソリューションの詳細については、こちら PDFを、またSAP HANA TDIをサポートするFlexPod Datacenterソリューションの詳細については、こちら PDFをご覧ください。