SAP向けの統合インフラ ソリューション

ITの即応性の最大化とリスクの最小化にSAP向けの検証済み統合プラットフォームが大きな効果を発揮します。

ネットアップは、Cisco、富士通の両社と提携し、ネットアップ ストレージとの相互運用性が証明された、認定済みのSAP HANA統合インフラ ソリューションを提供しています。この統合ソリューションを通じて、最新のIT環境を簡単に構築し、継続的な革新を実現できます。あらゆるクラウド戦略が幅広くサポートされるため、運用効率を高め、データセンターの変革とテクノロジの進化を促すことができます。

ネットアップは、従来のSAPアプリケーションとSAP HANAテーラード データセンター統合(TDI)の両方を対象とした強力なFlexPod® Datacenterプラットフォームを提供しています。FlexPod Datacenterは統合、テスト、検証済みのソリューションです。柔軟でセキュアな共有ITインフラをベースに構築されており、業界をリードするネットアップ、Cisco、VMwareのテクノロジが採用されています。

FlexPod Datacenterは、アプリケーションとデータのモビリティを高めて、SAPのライフサイクル管理を加速することで、ビジネスの即応性を改善します。また、スタック全体のデータが統合的に保護されるため、SAPシステム向けのクラウドの可用性を高めることができます。さらに、セキュア マルチテナンシー機能によって、SAP環境を分離し、さまざまな用途に利用できます。

IT部門が柔軟性と適応力を発揮してお客様のビジネス ニーズをすべて確実に満たせるように、ネットアップと富士通は動的なサーバ環境と全社規模のストレージ インフラを組み合わせた包括的かつ統一されたポートフォリオを提供しています。サービス、サポート、保守などのすべてが単一のソースから利用できます。双方のソリューションの中核をなす統合インフラ ソリューションなら、資産の利用率を最適化できるため、効率を最大限に高めてコストを削減できます。

SAP HANA TDIをサポートするFlexPod Datacenterソリューションの詳細についてはこちらを、またSAP HANA対応の富士通とネットアップのソリューションについてはこちらをご覧ください。