「Windows Server のためのストレージガイド -アプリケーション編-」(PDF)は、こちらから入手可能です。

ネットアップのMicrosoft® SharePoint® Server向けストレージ ソリューションを使用すれば、ストレージのコストを削減し、SharePoint Server 2010環境全体で拡張性とデータ保護機能を向上できます。

ネットアップのMicrosoft SharePoint Server向けストレージ ソリューションは、社員がいつでも必要なときに情報を共有し、共同作業を行える環境を提供します。こうした環境では作業効率が向上し、ビジネスの拡大と効率化を図ることが可能になるため、 結果として組織の生産性が向上し、社員全員がビジネスの成功に向けて、より効果的に貢献できるようになります。ネットアップのSharePoint Serverソリューションは物理 / 仮想インフラをサポートし、以下を実現します。

  • ストレージの統合
  • バックアップとリカバリ
  • ディザスタ リカバリ(災害復旧)
  • アーカイブとコンプライアンス

SharePoint Serverのデータをネットアップ ストレージに統合することで、ストレージ利用率が高まり、データ管理が簡易化されるため、コストを削減できます。また、データ重複排除機能とポリシーベースのデータ管理機能によって、さらに効率が向上します。Data ONTAP Cluster-Modeを使用すれば、リソース利用率をさらに最適化することも可能です。

加えて、Common Internet File System(CIFS) / Server Message Block(SMB)共有を使用して、SharePointが使用する大容量のデータ ファイルをMicrosoft SQL Server®データベースの外部に保存、管理することで、SharePoint Server 2007 / 2010環境の拡張性を向上させることもできます。

ネットアップのソリューションは、Microsoftのテクノロジと緊密に統合されており、以下を実現できます。

  • バックアップをほぼ瞬時に完了し、データを数分でリカバリできるため、データ可用性が向上
  • データ管理 / 保護プロセスの自動化により管理性を向上
  • 信頼性の高いディザスタ リカバリ(災害復旧)プランの実装で、災害発生時にもSharePointデータを速やかに復旧
  • Data ONTAP Cluster-Modeの使用により、定期メンテナンスやアップグレード、さらにはVserver内でボリュームを移動する際にも、ノンストップ オペレーションを実現

ネットアップのSharePoint向けソリューションは、以下の資料でも紹介しております。

ネットアップのMicrosoft Office SharePoint Server向けストレージ ソリューションがもたらすメリットについて、Microsoftテクノロジ センターで詳細をご確認いただけます。見学の日時につきましては、ネットアップの営業担当者にご相談ください。