クラウドかオンプレミスかを問わず、Office 365 Exchange、SharePoint、OneDriveのデータをセカンダリ サイトにバックアップしてリストアすることができます。

今日のクラウド サービスは、可用性の高いアプリケーション プラットフォームでビジネス ニーズを満たしていますが、計画外のデータ損失を防ぐための対策も必要です。ネットアップのCloud Control for Microsoft® Office 365 サービスでは、クラウド上にあるExchange Online、SharePoint Online、OneDrive for Businessの重要データに対しても、オンプレミスの場合と同じレベルの保護機能を提供します。

このデータ保護ソリューションを使用すれば、コンプライアンスとアーカイブを維持し、データ損失を防止しながら、データをどこに移動しても管理できます。オンプレミスのストレージをバックアップするなら、NetApp FASストレージ システムが最適です。NetApp ONTAP CloudまたはNetApp AltaVault®のクラウド統合ストレージを導入すれば、クラウド リソースにバックアップを行い、大規模なデータセットをセキュアに管理しながらコストを削減できます。

Office 365のメールボックス、サイト コレクション、サイト、リストをバックアップおよびリカバリするだけでなく、項目やファイル単位のレベルまで、きめ細かくデータを制御します。

ネットアップのCloud Control for Office 365ソリューションはあらゆる導入オプションにおいてデータを一貫して管理できるので、データのシームレスな移行を実現できます。

ネットアップのMicrosoft Office 365向けクラウド サービスとCloud Control の詳細については、こちら PDFをご覧ください。