ネットアップのMicrosoft Exchange Server向けソリューションは、可用性の向上、管理の簡易化、TCOの削減を実現します。

ネットアップのMicrosoft® Exchange Server向けソリューションは、Exchange Serverの最新機能を活用する設計で、可用性の向上とストレージ コストの削減を実現し、IT環境をシンプルにします。 データをExchange Serverからネットアップのストレージに移行して統合することにより、ストレージ利用率を最大70%向上します。

さらに、Exchange Server向けに最適化されたネットアップのポートフォリオには、Eシリーズ プラットフォームの優れたパフォーマンスと効率性に加え、FASストレージ システムのインテリジェントなデータ管理という長所があります。また、NetApp ONTAP®ソフトウェアは、高い拡張性と柔軟性を実現し、ノンストップ オペレーションを可能にします。

ネットアップとMicrosoftのテクノロジが統合されると、次のことが可能になります。

  • 計画的停止、計画外停止の削減または解消
  • セキュア マルチテナンシーおよびQoSの実現
  • NetApp FlexPod® の検証済み統合インフラを基盤とする自動化およびセルフプロビジョニングによるアプリケーションのプライベート クラウドへの導入
  • フラッシュベース ストレージによって、アプリケーションのパフォーマンスを最大限に向上

ネットアップのExchange Server向けストレージ ソリューションは、Microsoftのベストプラクティスに沿っているため、安心して導入することができます。

ネットアップのExchange Server向けソリューションについては、以下の資料で詳細をご紹介しています。

Microsoft Exchange Server向けストレージ ソリューションのメリットを、上記の資料でぜひご確認ください。 また、ネットアップの営業担当または代理店にご連絡いただければ、Microsoftテクノロジ センターでも詳細をご覧いただけます。