NetAppデータ・ウェアハウス・ソリューションのデータ保護 / ディザスタリカバリ

NetAppは、データウェアハウスを災害から守り、24時間体制でデータウェアハウスの利用を保証するマネージャビリティ / 可用性 / ディザスタリカバリ(災害復旧)ツールを提供します。

6~9か月ごとにサイズが2倍になるような一般的なデータウェアハウスを持つ組織では、ストレージの使用率を限界まで引き出して、容量の追加を慎重に計画する必要があります。データウェアハウスにデータを供給するデータソースの数は急激に拡大しているため、災害の直後にデータウェアハウスの復旧を行えるソリューションが必要になります。

NetAppなら、データウェアハウスに対してスペース効率性の高いバックアップを頻繁に実行でき、リカバリも数分で実行できます。効率性が高く、低コストのレプリケーションにより、経済的に継続可能なディザスタリカバリを実現できます。また、クローニングテクノロジにより、データベース、データウェアハウス、データマート、開発 / テスト、またはその他の機能の、追加の物理コピーは必要なくなります。NetAppの効率性に優れたストレージにより、増加し続けるストレージに必要な柔軟性、拡張性、パフォーマンスを実現しながら、ストレージ全体の利用率が大幅に向上します。

時間、空間、コストの削減を実現するNetAppのデータ・ウェアハウス・ソリューション(PDF:英語)の詳細をご覧ください。